犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

  • 我慢比べ[J2第7節:大分戦@大銀ド]

こんばんは

大分が今季初の3連勝とともに果たしたい、“お得意さま”からの卒業(J公式)
プレビュー

2018シーズン、互いに体制を継続しつつもJEFがリスタートなら、大分さんはリビルド。

スタッツは兎も角、それ位、今シーズンの大分さんから受ける印象が異なります。


単純に試合を眺めていると、退屈なほど、攻めていても守っていても、リスクを取らない。

そんな中、林・後藤・伊佐・馬場。常に一発を狙うアタッカーを擁する。

カメと括っても、鼈の様な守備と、レンジに入れば一撃必殺の術を有するワニガメ、カミツキガメの様なゴールを狙う選手が同居しているのが、今の大分さんなのではないでしょうか。


対戦相手とすると、焦れない事。簡単な様で、これが中々に難しい。

それでも、JEFとすれば、起用メンバーも不明瞭な中、勝ち点を持ち帰れるか否かは、そこに尽きるのではないかと感じます。


仮に出てきた手足を切り飛ばしても、甲羅を踏むだけでは意味が無く、その甲羅を踏み抜かねば勝利は覚束きません。

その意味からすれば、昇格争いが出来る戦力を有しつつ、スタッツは兎も角、「まずは、負けない戦い」を志向する様に受け取れる今シーズンの大分さんの本気度は、後が無かった彼のシーズンよりも厄介だと感じます。


我慢比べで先に手抜きをした方が負ける。

そういう対戦になるような気がします。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 代償[J2第6節:京都戦@フクアリ]

こんばんは

弾斗選手のスタメンに加え、エベルト選手、熊谷選手のJEF初ゴール。緊急対応とはいえ、ゲリア選手のデビューが為されたことは喜ばしい事ですし、2-0で勝利を収め、連敗からの連勝を成したのですから、一試合としては問題はありません。

しかし、この試合の犠牲も大きく、重なったアクシデントからしても、代償は交代枠二つで終わりそうにない事が気掛りです。

また、連戦の影響を鑑みたとしても、2-0ととなって以降の前半の京都さんの消極的な姿勢に助けられた部分もまた大きかったのではないでしょうか?


確かに、結果が残せなければ、ピッチでの振る舞いも不安定なものに陥りやすいですし、リカバーやリトライへの姿勢も翳りがちになりますので、連勝そのものは喜ばしいのですが、メンバーに名前が無かったラリベイ選手はじめ、指揮官の意志とは別の部分でメンバーを変えざるを得ない状況は楽観できません。

ひとまず、連戦に関しては一息入れられましたので、次の連戦までに、チーム全体のコンディションがどうなっているのかが気になる管理人です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 奴さん[J2第6節:京都戦@フクアリ]

こんにちは

システム継続か否か。エスナイデル監督の選択は?(J公式)
プレビュー

システムとして考えれば「変更の有無」なのでしょうが、前から当たるという観点からすると、そこはあまり大きな問題では無いのかもしれません。…逆に言えば、それだけに、システム変更は有り得るとも捉えられますが。

いずれにしても、個々のスキルが高い京都さんですから、柳の下を狙って徳島さん、東京Vさんとの再現になりかねません。


どの様な布陣であれ、個人的に見てみたいのは鳥海選手。スポンジが水を吸う様に増す存在感は、眺めているだけで非常に楽しいです。

特に、ボールを離すまでの一連の流れが非常に美しいですね。パスの初速がとても速いですし、寄せられても慌てる感じが一切ありません。

その意味からすると、即興だったのかもしれませんが、チャントもマッチしているのではないでしょうか?


前線や中盤の構成に関しては、顔ぶれがどうなのかというよりも、前節の使い倒され方からして、船山選手がスタメンだったら些か驚く、位でしょうか。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!