fc2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

ダッシュボード

こんにちは

ドゥドゥ(Luiz Eduardo Dos Santos Gonzaga(DUDU))選手の契約更新について

16試合、985分出場、7得点

移籍登録直後から獅子奮迅の大活躍。シーズン後半巻き返しからの快進撃の立役者。

シーズン途中の完全加入でしたから、移籍の可能性は低いとは考えていましたが、その活躍故に、引き抜きが無いとは言えない状況ではありましたので、ホッとしました。

ピッチ上だけでなく、その陽気なキャラクターは不可欠。

ゴールパフォーマンス、期待しています!

近藤壱成選手の移籍について

早々にベンチ入りした際にはさすがの大器と期待しましたが、サブでのベンチ入りが1試合のみで出場時間は0。

明確に目指す目標がある故に、そこへのライバルの加入が決断の理由でしょうか?

正直、プレイを直接見ていないので、触れられる事もありませんが、怪我無く新天地での活躍を願います。


矢口駿太郎選手の契約更新について

7試合、174分出場、0得点

シーズン序盤こそはピッチに姿がありましたが、日高選手の復調もあり、次第にフェードアウト。

最後の出場となった19節以降、名前を見る事はありませんでした。

道は切り拓くもの。頑張れ!

佐久間太一選手の期限付き移籍終了について

2試合、15分出場、0得点

数字だけを見ると、評価ポイントがどこにあるのかは解りませんが、ポテンシャルに期待は出来るのでしょう。

紅白戦のBチームの仮想敵としての起用が多そうな雰囲気はありますが、そこで化ける可能性がありそうなスケールなのかも知れません。

選手は試合に出てナンボ。頑張れ!

林誠道選手 ジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍のお知らせ(金沢さん公式)
林 誠道選手の加入について

35試合、2,125分出場、7得点

松田選手に続いて、金沢さんの主力を2年続けて強奪。

2023シーズンの得点数は物足りなく感じますが、金沢さんでの2年間で考えれば20得点ですし、来シーズンの金沢さんがJ3で戦う事を強いられる事を鑑みると、ステップアップを実践しているキャリアからして、能力には疑いがありません。

FWとしての実力は折り紙付きと捉えていますが、この報を受けた段階で素直に喜べた方があまり多く無かったのでは無いか、という点が、残念に感じられます。

勿論、期待は大きいです。

米倉恒貴選手の契約更新について

24試合、718分出場、5得点

復帰した山口戦。好退出所でいきなり得点を挙げると、フクアリでの清水戦では豪快な決勝弾。

仙台戦では苦しい展開の中、長い距離を疾走して試合を決定付けるゴールを奪うなど、出場時間が限られている中、試合終盤での右サイドの切り札として存在感を充分に示しました。

60分からの漢、として見出した新たな境地。切り札としての活躍を信じます。

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないイラスト素材サイト「イラストAC」
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ない写真素材サイト「写真AC」
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないシルエット素材サイト「シルエットAC」
  • 行くか往くのか残るのか

お久しぶりです

齋藤来飛選手 育成型期限付き移籍期間延長のお知らせ(青森さん公式)
齋藤来飛選手の育成型期限付き移籍期間の延長について

プレイを直接見ていませんから、28試合の20試合出場、2得点という数字をどう評価するのかは難しいところですが、現役を退く船山選手が28試合全試合出場し、6得点を挙げている点からすると、まだまだ「伸び代」が期待される存在という役どころでしょうか?

小柄な選手なだけに上手く自信を活かす術を確立して欲しいと思います。


サウダーニャ選手の移籍について

いろいろな意味で想定外の選手でしたが、残念ながら、チームにフィット出来たかと問われるとやはり大きな疑問符が残ります。

助っ人ということを考えると、収支が気になるところではありますが、請われての移籍のようですから、新たなチームで輝く事を願っています。


鈴木大輔選手の契約更新について

40試合、3,588分出場、4得点

一瞬の動きに付いて行けなかったり、椋大選手との連係ミスが最後まで解消できなかったりという不満が無かった訳ではありませんが、苦手な左ではなく、右のCBを務めたこともあって、その存在感はやはり主将。

セットプレイでの得点も期待できるだけに、2024シーズンも怪我無く最終ラインからチームを鼓舞し続けて欲しいですね。


松原颯汰選手の期限付き移籍について

残念ながら守護神争いに加わる事は能わず、ベンチ入りが2試合のみ。

4年目という事もあり、カテゴリを下げても出場機会を目指す判断は正解だと思います。

やはり、選手は試合に出てナンボ。GKというポジションならなおさらでしょう。頑張れ!


佐々木翔悟選手の契約更新について

21試合、1,715分出場、1得点。

シーズン前半後半で劇的に立場が変わりました。一番の魅力はやはり正確な左脚でのフィードでしょう。前任を務めた大輔選手には無い大きな武器として頼りになりました。

反面、ハイボールやロングボールへの対応には一抹の不安があり、この辺りの改善は是非とも期待したいところです。


田口泰士選手の契約更新について

32試合、2,719試合、1得点

仕方がない事ではありますが、やはり、12節から20節の不在が痛かったですね。

相棒に見木選手が起用された点を差し引いでも、セットプレイのキッカーとしては得点1も若干物足りなさが残る数字でしょうか。

異議での警告だけは気を付けて下さい。

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないイラスト素材サイト「イラストAC」
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ない写真素材サイト「写真AC」
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないシルエット素材サイト「シルエットAC」
こんばんは

小林祐介選手の契約更新について

32試合・2,262分出場、0得点

熊谷選手の離脱もあり、シーズン前半は小林監督の志向するスタイルの申し子の如く躍動しましたが、国立での清水戦から3試合名前が消え、復帰後も31節以降はスタメン出場無し。

得点力不足のチーム事情からか、見木選手にそのポジションを奪われてしまった感が強いです。

試合終盤で悪目立ちしてしまうシーンも少なくは無かった訳ですが、逆に言えば、運動量こそが生命線の選手なだけに、些か酷な展開を強いられてしまった感が強い様にも感じます。

果敢なボール奪取、最後まで走り切る姿勢など、JEFのサポーターに好まれるプレイスタイルですから、時折見せるシュートが決まっていればという想いは捨てきれません。

但、そのプレイスタイル故に換えが利かず、他の選手の代わりにも足り得ない面が多い選手ですから、活きる術を増やして欲しいと思います。


松田 陸選手の契約更新について

14試合・1,018分、0得点

序盤はスタメン起用が続きましたが、勝利を得たのは開幕戦のみ。期待値が高かっただけに、残念なシーズンとなってしまいました。

特に守備面での不満は大きかったと思いますので、チームとしてのスタイルへのアジャスト、選手としてはタスクの完遂が期待されます。

風間宏矢選手の契約更新について

38試合・2,011分出場、4得点

シーズン中盤以降の立て直し、終盤の躍進の立役者と言っても過言では無いでしょう。

個人的にはもう少しスコアを伸ばして欲しかった感はありますが、相手の間で浮いた感じで受けるセンスは間違いなく潤滑油として替えが利かないものでした。

痛々しい手首の怪我を治して、躍動して欲しいと願います。

呉屋大翔選手の契約更新について

35試合・1,349分出場、5得点

9番を背負った訳ですから、誰よりも納得していないのは自分自身でしょう。

気質としてはもっと得点に対してエゴイスティックな選手だと受け取っていたのですが、必死にチームの要求に応えようとする姿は意外でもあり、嬉しくも感じました。

匙加減と言ってしまえばそれまでなのかも知れませんが、それでもPKを譲る様な姿勢は観たくないと感じていますので、シュートを撃つ事でチームを勝利に導いて欲しいと思います


メンデス選手の契約更新について

7試合・283分出場、1得点

18節からの加入時期からすれば、33節での出場は、戦力となるのに随分と時間を要した様に感じます。

助っ人としては物足りない訳ですが、反面、その立場で腐る事無く日々に向き合っていたからこそ、終盤での序列の変化を得た訳で、出場時には存在感を示していました。

粗も穴も目立つ選手ではありますが、貴重な左利きのCB。セットプレイでの迫力を含め、色々と期待を抱きます

鈴木椋大選手の契約更新について

25節からの守護神。

白眉はやはりアウェイ栃木戦でのPKストップでしょうが、その起因となった最終ラインとの連係は、最後まで不安を残しました。

それでも、国立での清水戦の躍動には痺れましたし、魅力がある選手である事は確かです。

反面、そのキックがホーム水戸戦での失点の起因にもなっている事も否定は出来ず、「守護神」と呼ぶにはまだ心許なさが残ります。

技量面・精神面共に、成長を期待しています


日高大選手の契約更新について

37試合・3,236分出場、4得点

開幕直後こそ、コンディションの問題でふっざいでしたが、その後は居ると居ないとでは大違いという存在感。

肩を揺らしながら疾走する姿は、JEFの左サイドの代名詞。

もし、レギュラーシーズンでのアウェイ東京V戦に居てくれたなら、あのような敗戦を喫する事は無かったと、誰もが思う事でしょう。

その実績から、移籍を覚悟していましたが、2024シーズンも共に戦ってくれる事を感謝します

高木俊幸選手の契約更新について

20試合・612分出場、0得点

何も出来なかった事は本人が一番解っている筈。

このままでは終われないという気概に期待します

髙橋壱晟選手の契約更新について

30試合・2,255分出場、0得点

決してポジションが約束されていない中、「2番」を背負ったという事は、それなりの覚悟があったのでしょう。

まさか、そのまま背番号のポジションに収まるとは考えていませんでしたが、一列前との相性もあって、終盤はレギュラーに定着。

ああいうプレイをするのであれば、3得点位はしても良いと思いますし、低い位置でのボールロストから失点に直結するシーンも散見されました。

せめて、自身の得点で、シーズンの帳尻は合わせて欲しいと思います

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないイラスト素材サイト「イラストAC」
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ない写真素材サイト「写真AC」
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないシルエット素材サイト「シルエットAC」