犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

  • 旧知[J2第10節:福岡戦@レベスタ]

こんにちは

前節はともに難敵から快勝。福岡は山口撃破の経験を生かせるか(J公式)
プレビュー

ストーブリーグでは、どうなる事かと思われていた福岡さんですが、蓋を開けてみれば、しっかりと各ポジションを補強。

大きさという点では昨シーズンよりも小さくなった様な印象もありますが、その分、機動力に勝っている様な気もします。

2TOPには森本、ドゥドゥの両選手、中盤の枝村選手、山瀬選手、力選手に加え、大分さんの戦い方を変えさせた一因であろう、鈴木惇選手が復帰。

メンバーの入れ替わり方からすれば、完全に新チームとしてのリスタートですが、それでもしっかりと戦えているのは、井原監督の手腕でしょうか?

いずれにしても、シーズンも1/4に差し掛かろうという時期ながら、ここまで結果を示せていないだけに、JEFとするとアウェイ戦績に嚆矢を立てなければなりません。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 点睛[J2第9節:町田戦@フクアリ]

こんばんは

勝利の興奮から大分経ってしまいましたが、だからこそ、遅くなってしまった部分が無い訳でもなく。

良い意味でも悪い意味でも、両チームのスタイルが顕れていた試合だったと思います。


ざっくりと言えば、前半の殆どは町田さんのペースでしたし、逆に後半の3得点に至るまでのJEFも目指す姿勢を見せていました。


ただ、試合を通じてみれば、「あっさりと」という表現をして違和感のない2失点もそうですし、優也選手が体を張って防いだセーブが無ければ、ドロー、あるいは再逆転での敗戦も十二分に有り得たと思います。


但、後ろよりは前、という比重がある上での観点からすれば、やり続けたショートコーナーからの同点弾であったり、2点目3点目などはカウンターに入った際の、枚数の掛け方や位置取りに、意図が感じられた得点でありましたから、掛け逃げ、寝技が繰り出された上の判定勝負の様な印象はありませんでした。


大幅にメンバー変更があったJEFですが、最終ラインから振り返ります。

ちばぎんでの負傷以降、久々の出場となった岡野選手ですが、これは、良い部分、悪い部分、全てを曝け出しての負傷交代ですから、判断に困ります。

ただ、一度目で簡単に退かせなかったのは、指揮官の「甘えに対する愛情」ではないでしょうか?


右SBとして起用されたゲリア選手が、その身体能力以上に繊細な判断を示してくれた事は今後への期待ですし、左サイドのエベルト選手が乾選手の役割を求められている事も見えてきました。

途中出場での指宿選手が、そのポジションに充てられる事もありましたし、GK含め、最終ラインからのロングボールの宛先が二つあるというのは、相手にしてみれば、やはり嫌なものだと思います。

実際に、エベルト選手はこの試合では得点をしている訳ですから、高さ、という点に関して、今後の対戦相手は対策を考えざるを得ないでしょう。


ただ、この試合は、「気概」だったのかなぁ、と。

前述の優也選手のセーブや飛び出しは勿論ですが、逆転弾となった也真人選手の得点は自らのリフレクトのニア上段。


出した船山選手、スルーの判断をしたラリベイ選手、外に膨らみながら、兎に角決めた也真人選手。見事でした。


そして、成田屋の3点目。

これも、ムービングしながら剥がしたボールをゲリア選手が送り、小島選手が追い、クリアボールを旭選手がダイレクトで絶妙に落としつつ、縦を切る位置取り。

受けた船山選手が自在に蹴れる位置にボールを置いてのミドル炸裂。


決めて欲しいと思う選手が決めるゴールは、スコア以上の価値がある。


そう、思わせる、見事なゴールでした。


実際には、その後は簡単に失点を許し、ピンチの連続だった訳ですが、スクランブル続きの選手交代含め、ホームの利を得た勝利を掴みました。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 雨上がり[J2第9節:町田戦@フクアリ]

こんにちは

無敗の町田がフクアリ襲来。千葉、悪い流れを食い止められるか(J公式)
プレビュー

大量失点のアウェイでの連敗を経て迎えるフクアリでのホームゲーム。

今節迎える相手は町田さん。

ここまで4勝4分の無配。終盤に勝ち点を得るシーンが多い様に、奇を衒わずに粘り強く戦っている印象です。


谷沢選手や戸島選手といった、いわゆる「昔馴染み」がいないだけに、フクアリの雰囲気もまたこれまでの対戦とは異なるものになるのではないでしょうか?


指揮官はメンタル面に触れていますが、プレーの選択に課題があるのか、前提に欠陥があるのかは一先ず措きます。


ただ、シーズンの1/4の消化が見え始めているだけに、好むと好まざるとに関わらず、何らかの対処は求められるべきでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!