犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 見せ場は在れど[J2第12節:金沢戦@石川西部]

こんばんは

対戦前の杞憂がそのまま当て嵌まったかのような敗戦で三連戦を終えたJEF。


オウンゴールを含む2失点に絡み、更に一発退場となった若狭選手からすると、「災厄の日」としか言えないのではないでしょうか?

先制点の献上となったそのオウンゴールに関しては、彼自身よりもカウンターの嚆矢となったボールロストの仕方が問題ではありましたが、2失点目の対応に関しては、目測を誤った上で為す術なくシュートにまで至られている訳ですから、擁護する事も難しいでしょう。

ペナルティエリア直前で諸手を掛けて相手を倒したシーンに関しては、前半、相手も同様にレッドカードのジャッジが示されている以上、覚悟の上ではあったのでしょうし、結果的にはその直後のセットプレイでは失点を免れ得ましたから、無駄な退場、とまでは言えないのかも知れません。


そして、失点の起因になり、相手の退場を誘ったという事で、図らずも試合をを難しくしてしまった清武選手は途中交代。

代わって投入された指宿選手も、上手さこそ示しましたが、怖さには至れなかった様に思います。


また、古巣対戦に燃えていたであろう熊谷選手に関しては、全く必要のない無駄なファウルで警告を貰った上、あわや2枚目を示されかねない様な入れ込み様で、こと前半に関しては、見るに堪えませんでした。

後半から、久し振りのアランダ選手の出場に胸を躍らせながら、熊谷選手がピッチに残された事に違和感を感じたのは私だけだったでしょうか?

そのアランダ選手のチェックから、失点直後に得点を奪ったラリベイ選手も、最後の最後で画竜点睛を欠いてのタイムアップ。


しかし、やはりこの試合について印象に残るのはそのシュートに至るまでの一連の流れ、と言うか、優也選手でしょう。


左サイドから侵入した相手の、決まれば決定的な3点目となるシュートを正面でしっかりとキャッチした守護神は、立ち上がるや否や、ボールを自身の正面に転がします。

素早いフィードでラストチャンスに掛けるのかと思いましたが、彼の選択はドリブルでの持ち上がり。


この試合に関しては、相手がスコアでは優勢ながらも、プレイヤーの数では劣勢を強いられていた時間帯も長く、相手陣内での展開が続いていましたから、ハーフウェイラインを越えてのカバーを見せていましたし、スローインも左右両サイドから行っていました。


しかし、いくらお互いに退場者を出しつつのビハインドとはいえ、そのままピッチを駆け上がるとは想像だにしませんでした。

彼我のフィールダーを置き去りにするドリブルでの独走でハーフウェイラインを超えた優也選手は、それだけに止まらず、更に、前線に張っていた近藤選手へ素晴らしい縦パスを通し、そのパスを収めた近藤選手は、ボールを右サイドの船山選手へ。

ニアとファー、何れにも選手が居ましたが、船山選手のクロスはファーのラリベイ選手へ。

彼のヘッダーまでが完璧な流れであっただけに、枠を逸れた事だけが非常に残念なシーンとなってのタイムアップ。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 杞憂に終わらず[J2第11節:讃岐戦@ピカスタ]

こんばんは

守備の主軸2人を欠く中、讃岐が見せた奮闘(J公式)
2017/05/03(水) 明治安田生命J2リーグ第11節 ジェフユナイテッド千葉戦(讃岐さん公式)
痛恨PKで連勝ならず。

勝ち点を分け合う結果となった試合でしたが、満足度という観点から考えれば、チームが置かれている状況からしても讃岐さんに「してやられた」ゲームだったのではないでしょうか。

主力である両CBを欠く故、そこを突きたくなるのも解りますが、であれば、その前後についても考えて欲しかった、というのが正直な感想でしょうか。

スタッツこそ圧倒していますが、丁寧さには遅れが伴い、速さを求めて雑になるのであれば、やはり万全の態勢で待ち構える相手を割る事は困難でしょう。


それでも先制まで漕ぎつけたところまでは評価できますが、その後、得点者が守備に忙殺されていた時間がある事を考えれば、「まだまだ」という評価に行きついてしまうのではないでしょうか?


ああいった展開にならざるを得ない状況が対戦前からある程度は解っていた訳ですから、どこかで相手のスイッチが切り替わる事は織り込まれていた筈で、その変化に対応出来なかった事が悔やまれます。


PK判定自体がどうあれ、あのような形を作られてしまっては、その言い訳は出来ませんし、その前から、かなり危うい雰囲気が漂っていた事は否定できないのではないでしょうか?
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • ピッチとスタンドと[J2第10節:徳島戦@フクアリ]

こんばんは

明暗を分けた序盤の退場劇。流れをつかんだ千葉がホーム2勝目を挙げる(J公式)
2017年04月29日 第10節(徳島さん公式)

終了間際の追加点で白星。

試合内容に関しては、前回以上の物がある訳ではありません。

ただ、意外であったのは、JEFが序盤、主導権を握った事でしょうか。

監督のコメントなどからすると、徳島さんはJEFに対しての評価が現状の順位より高かった様に感じられる部分もありますし、その意識が強かったからこそ、馬渡選手はあの時間帯であのような行為に及んでしまったのかも知れません。


確かに、数年前、ニッパツに於いてのボールパーソンに対する我々の反応を振返ってみれば、その気持ちが解らない訳ではありませんが、今回、選手自らがボールパーソンに直接手を出してしまったという事実は覆りません。

サッカー競技規則 2016/17』(JFA公式:PDF注意)にもある様に、「乱暴な行為を犯した」として「退場となる反則」という判定を下されたのは当然です。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 違ったのは結果のみ[J2第10節:徳島戦@フクアリ]

こんばんは

後味が悪い勝利、という積りはありませんが、不満は少なくありません。

話題をさらった馬渡選手の退場については後ほど触れるとして、先制点は徳島さんが負傷者の治療でピッチから離れ、都合9人の相手から奪ったもの。

明らかに混乱している相手に対し、その後、試合を通じて効果的な攻撃が繰り出せなかった事は明らかで、厳しさが掛けていた点は否めません。


指宿選手の個人技を活かした加入後初得点で、結果こそ2-0として試合を終える事が出来ましたが、欲しかった追加点が実質的なラストプレイであった事を考えれば、相手の奮闘を称えこそすれ、惨敗からの立て直しを為したとは言えないでしょう。

特に、シュートシーンでのマーカーの対応は中を切れない前節からの改善は為されていない様に見受けられましたし、そのピンチを生むシーンにしても、安易なボールロストに加え、前に出て、挟みに行ってその裏を突かれる、というシーンが多かった訳で、敢えてピンチを創り出しているようにすら感じました。


そういう観点で眺めると、個々の選手に対してどうしても厳しい捉え方になってしまうのですが、気持ちよくボールを持てるからか、余計なワンタッチ、ツータッチでチャンスの芽を自ら摘んでいた清武選手などは、余裕がある中でのトラップミスを取り返そうと相手と接触しての負傷交代。

交代枠が残っていたからこそ、この試合の流れではクローズアップされることはありませんでしたが、状況が状況であれば、わざわざ貰ったアドバンテージを捨てる暴挙と言われても仕方のない選択だったと感じます。

事実、先制に繋がるアシストの持ち出しも、似たような相手との競り合いの中でこぼれたボールの方向がラッキーな部分はありましたし、やりたい事とやれる事の判断に対しては、かなり甘さが残る様に思われます。


也真人選手にしても、頭部への接触を厭わないプレイをかなりの頻度で繰り返していましたから、逆に言えば、それだけ現状にチームに精神的な余裕が無い、という事なのかも知れません。

但し、厳しい判断と、賢い選択というのは当然異なりますし、それ以前の部分に関しても、シーズンの1/4を消化しようとかというカレンダー消化に入りつつある現在でも、未だに整理が為されていない様に思われます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 謎[J2第9節:横浜FC戦@ニッパツ]

おはようございます

4得点大勝の横浜FC、2位浮上(J公式)
まさかの4失点大敗。

実際にシュートシーンは多くないと見ていましたが、チャンスらしいチャンスは、壱晟選手のニアを狙ったシュート位でしょうか。

気分の良いボール回し、という表現がそぐわないとまでは言えませんが、実際のところ、守っている側からするとタジタジ、という訳ではなかったのではないでしょうか。


ハーフタイムの監督コメント通り、手立てを実践された後は、ミドルレンジからの被弾が相次ぎ、あれよあれよと4失点。

試合中の解説にある通り、「ハイラインの裏」云々でなく、全て「中」を疎かにしての物だった事が、状況の深刻さを顕していると思います。


その意味では、タスクをこなせるだけの選手起用が為されていない訳で、怪我人不在の中、アランダ選手の姿が見えない事など、試合当日の空模様さながら、不穏な雰囲気がかなり強くなっているようには感じます。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!