犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 再会[J2第23節:熊本戦@えがおS]

おはようございます

ホーム連勝が懸かる熊本。千葉はコンディション面に一抹の不安(J公式)
プレビュー

出場停止選手のお知らせ(2017/07/13)(J公式)

大久保・岡野と二名のCBが一発退場による出場停止で臨むアウェイ熊本戦。

天皇杯で出場を果たしたとはいえ、近藤選手の状態も楽観できるほどではありませんし、最終ラインを3枚で臨むのか4枚で挑むのか含め、人選が気になるところです。

対する熊本さんは、前線のタレントが豊富。

巻選手、グスタポ選手、安選手と、それぞれ持ち味が異なりますし、この辺りのメンバーの読み合いはお互いに頭を悩ませるところでしょう。

他方、先日発表された平繁選手の移籍に関しては驚かされました。

平繁龍一選手、カターレ富山へ期限付き移籍のお知らせ(熊本さん公式)

監督交代、及び 代表取締役社長交代のお知らせ(熊本さん公式)

この辺り、シーズン中の監督交代などもあり、熊本さんとしても、編成に関しては難しい部分があるのかも知れません。


さて、試合そのものについての考察はいつもながらありません。

先に触れた様に、乾選手がアウトサイド、左SBどちらのポジションでプレイするのか、逆に右側の選手起用は誰なのか、アランダ先生、サリーナス選手が名を連ねるのか、或いはそこを落としてもジュヨン選手を加えるのか。

その辺りが気にはなりますが、連戦の影響を鑑みての判断になるでしょうから、チョイスは戦術的な部分よりもコンディション重視で臨んだとしても不思議は無いでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 蓋を空けなきゃ解らない[天皇杯3回戦:G大阪戦@フクアリ]

こんにちは

攻撃陣大爆発中の“エスナイデル・ジェフ”が、J1クラブに挑戦(J公式)
プレビュー

天皇杯3回戦は、G大阪さんをフクアリに迎えます。

お互いに連戦となりますから、メンバー構成や戦い方など、細かいところでの変更はあるのでしょう。

とはいえ、JEFに関しては、フィールダーとしては1名以外すべてピッチに名を連ねていますし、最も気になるのはGKに誰を起用するのか、というところでは無いでしょうか?

他方のG大阪さんに関しては、2回戦の選手起用からしても、リーグ戦からのメンバー変更の可能性が大きくなるような気がします。

とはいえ、2回戦の相手とはカテゴリが大分違いましたから、この所の戦績を鑑みて、梃入れ、程度の入れ替えになる可能性も否めません。

前回対戦時には、フクアリで完勝と言える結果で終える事が出来ましたが、当時とはメンバーも大分異なりますし、全く参考にはならないでしょう。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 後半戦緒戦[J2第22節:讃岐戦@フクアリ]

こんにちは

攻撃陣爆発中の千葉。今季無敗のフクアリで3連勝なるか(J公式)
プレビュー

連勝で折り返したJEFは3連勝を掛ける後半戦緒戦ですが、今節は「相手ありき」で戦う讃岐さん。

順位こそ下から数えた方が早い位置ながら、原選手、渡邊選手、馬場選手とワンチャンスをモノにする怖いタレントを擁しています。


この2試合で10得点を奪っている事は間違いありませんが、5失点もまた事実。

それでも13位という順位が示す通り、タカを括ったり、緩みがあれば、たちまち以前の状況に逆戻りしてしまうでしょう。


持つこと、動かすことに満足せず、撃つこと、奪うことがどれだけ適うか。

連勝で迎えるからこそ、後半戦を良い状況で迎えるために、油断は大敵、慢心などは論外。
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 「ゆかり」「えにし」は縁なれど[J2第21節:大分戦@フクアリ]

こんにちは

千葉の七度目の“挑戦”。エースを抑え、エースを生かせ(J公式)
プレビュー

昨シーズンは対戦が無かったため、久しぶりとなる大分さんをフクアリに迎えます。

その大分さんですが、J3からの昇格で迎えた今シーズン。補強に関しても色々な制限があったとは思いますが、蓋を開けないとと解らないという補強ではなく、自らの下部組織でしっかりと見てきた選手達をリストアップ。

また、中盤の鈴木惇選手に最終ラインの彬選手と、実績のある選手で埋める辺り、リスクを取らない補強方針と、それを可能としたアカデミーの充実には驚かされます。

そして、そのU-18出身の後藤選手が前節、今シーズン2度目のハットトリックを為し、チームは3連勝中と好調を数字で表したかのような状態でフクアリに乗り込んでくる訳ですから、簡単な相手ではないでしょう。

ここまでの大分さんの戦い方からすると、やはり、長く正確なボールを蹴れる鈴木惇選手に仕事をさせない事、空いているとみると果敢に攻め上がってくる最終ラインに気を付ける事、辺りでしょうか。

ざっくりと言ってしまえば、最終ラインへの圧力というよりは中盤の底へのケアに重きを置きたいところではありますが、そこは我等が指揮官の決める事ですので、いつもながら、こればかりは蓋を開けてみなければ解りません。

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!
  • 転機への嚆矢[J2第20節:岐阜戦@長良川]

こんにちは

天皇杯勝利をつなげたい両者。どちらがより“保持”するのかにも注目(J公式)
プレビュー

天皇杯の勝利をリーグ戦浮上へのきっかけとしたいチームの対戦。

互いに戦い方の特徴を持つ対戦だけに、JEFとすると、真っ向勝負で向かうのか、はたまた、やり方を少し修正するのかが気になるところ。

今シーズンから取り組んでいる繋ぎ倒すスタイルの岐阜さん相手に、どの様な対応ができるのかが、やはりポイントといえるのでしょうか。

戦い方は異なれど、順位や状況が似通っているだけに、判断や割り切りが、勝敗を分ける様な気もします。

余り良い印象がないアウェイ岐阜戦だけに、ここで勝利を得る事が適えば、メンタル的にはこれからの浮上も期待できるのではないでしょうか?

【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!