犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • インタビューに思う事

こんばんは


下村選手のトライアウトのインタビューがイヌゲノム様に紹介されていましたので、拝聴しました

事実だとすると、規約上問題があると思うんですけど…。(2010/1/31迄の契約としての仮定ですが…)

最終節直後に本人に通達があったとすれば、深夜の発表のタイミングは、「翌朝朝刊迄に広報する必要がある…。」という考えも成り立ちます

しかし、ホーム最終戦で「選手とそれぞれ真摯な話し合いを持って、お互いに納得の行く方向を目指したい」と三木社長は挨拶をしていますが、今回の下村選手のインタビューからは真摯な話し合いがあったとは感じられません

お互い、相手のある事ですから、「合意に至らなかった」という事実は受け入れます。でも、引退する大さんに対してあれだけの事ができるクラブが、再契約しない選手達のコメントすら公式に載らないという状況はやはりおかしいと思うんです

特に、下村・新居の両選手は2007~の加入ですから、毎年残留争いしかしていないんですよね。エドにしても、佐伯、島津といったベテランも、そしてリザの選手達だって、我々が想いを託した選手なんですよね。何で契約満了なんだとは言いません。方向性や予算、他クラブとの競合だってあるでしょうから。でも、クラブとして投資に見合うだけの成績が無かったかもしれないけれど、お別れするならせめて最後くらい挨拶やコメントくらい残してあげたって良いじゃないか。コメントはできない、しない、というのが選手の希望なら、その旨を載せてくれても良いじゃないか…。

或いは、移籍収入が発生しない契約満了選手はコメントさせる価値も無いんでしょうか?構想外だからって、それは無いでしょう。確かにこの時期、忙しいとは思うんです。でも、前回のエントリで仮想社長コメに必要な時間は10分、と書きました。選手の為だけでなく、サポやファンのためにそういうコメントを出す必要性は感じないんですかね?

選手コメントを載せる事自体が当該選手達の翌年以降の交渉に障るというのであれば、xx選手のメッセージは後日改めて掲載する、だって良いんです。去年、今年と大ブーイングで迎えられてきた2007-2008のオフに移籍していった選手達だって挨拶残してるじゃないですか。

試合前にコンコースで名刺を配る社長、待機列の確認に来た島田さんを評価するのは、そういった触れ合う姿勢だったんですよね。サポに名刺配る時間があるなら、もっと生産的な仕事があるんじゃない?待機列に頭を下げながら歩き回るのは常務でなくてもいいんじゃない?と思わなかったのは、不平不満を直接ぶつけられるリスクを考えた上で顔を晒す態度にあったんですが…


HPやメールはあくまで手段ですし、文面だけでは態度が伝わらないんですから、速報性の利便さを活かしつつ、ネガティブな情報提供ほど、もっと丁寧な情報提供をしないと、誤解の連鎖が続いてしまう、と思います

「出さない」と「出せない」という重み付け、内部の人間なら解るけれど、外部には「出てこない」という一言で括られてしまうんですよね。「Null」と「0」は違うという事を書き連ねてしまいました


青木孝太選手、復帰しますね。公式にもちゃんとコメントがあります
でも、岡山さんにもちゃんとご挨拶してます


来期のライバル、甲府さんはトライアウトの選手のためにゲームを行ったそうですね。ちょっと羨ましく思いました


ここ数日のエントリは、批判的な内容のものが多いですけど、サポカンで声を荒げたり、怒鳴りつけたりするつもりは毛頭ありません。現在、不足していたりダメだと思うところは、良くすればいい、と思っています
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

マリーンズサポーター 様

こんな感情的なエントリへのご指摘ありがとうございます

> 毎年の事ですが選手のコメントは次の契約先が決まってからですよ。去年の中島やその前の黒部、松ヶ枝や他の選手達も同じですよ。フロントは選手に冷たいとか誤解しないように落ち着きましょう。

仰られる通り、確かにそうかもしれません

でも、加入以降降格とずっと戦ってきた主将が最終節終了直後に契約満了通達~トライアウトって事態はやっぱり、異常だと感じたんです

コメントが無いのももちろんなんですが、公式に契約満了までの経緯が挙がる前に、下村選手がトライアウトでのインタビューに答える、というリスク(=説明責任を果たしていないと受け取られる)は、従来、確定迄何も言わない、というスタンスが正しいのかな?という思いもあってエントリしましました(佐藤勇人選手の特例もあったことですし…)

今オフから、移籍でなく、満了という形式になる事もあり、馬場選手やミラー監督、澤入ヘッド、昼田SMのこともあって、退団後のキャリアは兎も角として、千葉で過ごしてくれたけじめを、クラブが要請してでもはっきりとすべきではないかな?という疑念や背景をエントリで明確に出来なかったのは、私の反省点です。申し訳ありませんでした

今後も至らぬ所は在ると思いますが、今後ともお立ち寄り、ご指摘頂けると幸いです。
  • 12月 12 2009
    • 2009/12/12(土) 00:09:47
    • [ 編集 ]
    • URL
    • マリーンズサポーター #-
毎年の事ですが選手のコメントは次の契約先が決まってからですよ。去年の中島やその前の黒部、松ヶ枝や他の選手達も同じですよ。フロントは選手に冷たいとか誤解しないように落ち着きましょう。
ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する