犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 去る選手、来たるスタッフ【J特】

こんばんは

オーロイ選手契約満了、帰国のお知らせ

そうではないかという話は大分前から聞えていましたが、現実のものとなってしまいました。

鳴り物入りで加入した昨シーズン。昨シーズンのホーム開幕戦で見せたミルジのロングスローからのヘディングは強烈でしたし、そのあとのダイビングオーロイも見事でした。

膝の怪我での長期離脱も勿論ですが、Jのジャッジングも不運なものが多かったです。

今期は監督の構想から外れた事もあり、出場機会は激減してしまいましたが、その短い時間ながら、劣勢での途中出場で得点に繋がる働きが出来たのですから、追いつき、勝ち越すためのオプションとしてその強みを活かすための方法を模索して欲しかったように思います。

その点では、監督の理想のアオリを受けてしまったと言えるでしょう。(とは言え、その監督を起用したのはクラブですから、監督だけの問題でも無いとは思うのですが・・・)

そんな今シーズンも、スタンドからのエールに対する反応やファンサービス旺盛なナイスガイ。余震が続く震災後も、JEFでのプレイする事を当たり前のように述べてくれた事も嬉しかったです。

キャリアの終盤、JEFでプレイしてくれて本当にありがとう、トーレ。

テクニカルダイレクターの就任、強化部門新体制について
千葉・斉藤TD「強かったときの姿を取り戻す」(Blogola)

別の意味で大騒ぎになってしまった強化体制の人事ですが、TDのインタビュー記事を読んで、「まぁ、そうだろうな」と思うと同時に、安堵もしました。

当たり前なのですが、現体制への配慮に加え、「答えない」事と「答えられない」事をしっかり使い分けている事で、我々が抱く不安を極力小さくしてくれていると思います。

また、「某氏と決裂」と騒がれた、決まらない監督人事に関しても、個人的には就任発表の時期より人物や目指すスタイルの方が重要だと考えていましたから、文中にあったように越年でも構わないと割り切っていました。

リカルド・ロボ選手の帰国について

管理人は退場に至る振舞いに関してかなり厳しい意見を残しましたし、現在でも、お互いにとって幸福でなかったというよりは不幸であったシーズンだと思います。

ただ、それでもチームの一員として在籍した選手に対しての扱いとしては、クラブとして非難されるべき扱いでしょう。

内部での評価がどうであれ、広報の拙さに苦言を呈したくなる発表が為されている事は本当に残念です。(もう何度目でしょう?)

現状がそうだと考えている訳ではありませんが、仮に契約選手が契約を遵守せずにチームを離脱したのならはっきりとそう書いた上でペナルティなり、来期の契約が無い旨を記すべきでしょう。

オーロイ選手との抱き合わせから、エントリを分割させた経緯も気にはなりますが、わざわざ修正して挙げたエントリがこれでは、小学生の反省文のほうがまだマシだと思います。(こんな発表でもクラブにはコストが発生している訳ですから…)

外部からの憶測や冷かし、ネガティブな内容だったり不確実な情報に関して管理人は一線を画しますが、それと同じ理由でクラブが公式に行う発表に関しての不備は看過できません。

メディアのネタになる事は慣れています(というのもなんです)が、せめて公式の対応に関しては墓穴を掘るような事が無い様に、受け手の事を考えるよう、しっかりと是正を求めて行きたいと思います。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する