犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 雰囲気[第41節/H:松本戦]【J特】

こんばんは

上位陣が確実に勝利し2位争いが白熱。残留争いも最終節へ(J公式)
【J2:第41節 千葉 vs 松本】レポート:選手が適切な距離感で連動性の高い攻守を見せた千葉が、勝利でプレーオフ出場決定。松本は精度不足による攻守のミスが響いての敗戦。(J's GOAL)

アウェイは現地に足を運びませんでしたから、松本さんを生で目にするのは初めてでした。

布陣の関係もあるのでしょうが、左右のサイドでそれぞれ二人が攻撃に絡んでいたJEFに対して、松本さんの守備は意外に厳しく無かったように感じました。その分、藤田選手の周りに人数はいましたが、最終ラインでのボール回しをしている段階でフォアプレスがあっても、どちらかのサイド、特に高橋選手が完全にフリーなシーンは多かったので、序盤の最終ラインのボール回しそのものはあまり恐くありませんでした。

先制は10分。こぼれ球を拾った谷澤選手からの藤田選手のヘッドでしたが、これはファーストタッチでコースが無くなった事もあり、浮かせたボールだった様にも思いますし、エリア内の人数を考えると、何より出てきた相手GKと守備陣のポジショニングに助けられた感は否めません。


個人的には失点した事で、愚直に裏を狙って得点を奪いに来る松本さんの圧力をどれだけ交わせるか、心配でもあり、対処して欲しい部分でもありました。

特に心配だったのは、交錯で藤田選手が倒れたシーンとハイボールの競り合いに対してアフターで頭をぶつけられた智選手が起き上がれなかったシーン。失点を危ぶむ光景とは全く違った、それでいてある意味遥かに影響が大きい心配が頭をよぎりました。(幸いな事に、試合を通じて交代するほどのアクシデントは無く、フルタイムを終えた訳ですが)

逆に、相手選手がピッチ外で負傷の治療を行っている際、圧力を強めなかった事が個人的には不満でした。

米倉選手のポスト直撃や、岡本選手の1対1など、両チーム共に「あわや」というシーンがありましたが、結局は1-0で前半を折り返します。


失点後には攻勢を強める姿勢を見せた松本さんでしたから、後半以降の修正に関しても気になっていましたが、CKからの追加点を奪ったのはJEFでした。勢い良くゴールネットを揺らしたそれはオウンゴールかと思いましたが、アナウンスは智選手。(リプレイを見直すと、智選手、ゴール後のシーンでチームメイトにからかわれながら、自分で頭を指差していましたね)


この後、30分を残しながらの谷澤選手の謎のキープに始まり、カウンターからドリブルで持ち込んだ藤田選手がシュートすら撃てなかった事、大塚選手のカットでGKと1対1になった荒田選手は山形戦さながらにシュートをGKに当ててしまったシーンなど、厳しさに欠けるシーンが目立ったように思います。

結果的には事無きを得ましたが、岡本選手が余裕を持って弾いたミドルシュート、そして、その後のCK。

80分辺りから明らかにオーバーワークの影響が感じられた勇人選手。

確かに、2試合続けての2-0の勝利。

チーム状態はようやくどん底を抜け、負傷離脱した選手達は続々とチームに合流。良いことばかりの様に思えます。


ただ、雰囲気に水を差す積もりはありませんが、現実問題として「奪冠」は逃しましたし、J1への「奪還」への挑戦権をようやく確定させたばかり。


もう一つの目標の「脱甘」が「厳しさ」を示すのであれば、追い上げられての1点差も、試合を決定付ける3点差での勝利も「容」には出来ませんでした。一方、ドローで勝ち抜けが決まるプレイオフへの対応は待ったなしで求められる訳です。


雰囲気や勢いなど、徳島戦の位置付けも難しい状況ではありますが、とにかく、選手達にもベンチにも、これからの試合、「必至の選択」を追求して欲しいと思います。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する