犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 残り二試合に向かえる権利[第40節/A:山形戦]【J特】

こんばんは


アウェイの地での悪天候。特に序盤では足元の踏ん張りが利かない様に映りましたし、お互い慎重な試合の入り方を狙ったようでしたが、このところ続く前線のメンバーの入れ替えもあってか、山形さんペース、とまでは言えないまでもJEFの流れではありませんでしたね。

山形さんは中盤の底の勇人選手・健太郎選手へのチェックが早く、効果的な展開を封じられていた事も大きかったのでしょうか。

特に、前半のうちに勇人選手が警告を受けた事でその後の戦い方のバランスが崩れるかと心配もしたのですが、そのファウルで与えたプレイスキックの弾道と岡本選手の対応などからすると、少なくとも硬さや焦りは感じませんでした。


また、時間が進むに連れて谷澤選手がボールを受けに落ちてきたり、右サイドの守備にはしっかりと米倉選手が戻ってきたりという部分も鑑みれば、悪すぎるという事も無かったのかも知れません。


為す術無く、というよりは攻め急がず。追われる立場の直接対戦。前半はスコアレスで構わないという様な割り切りもあったのでしょうか?


そして迎えた後半。

右サイドの米倉選手の突破から生まれたCK。両サイドのキッカーを勤める事になった谷澤選手のボールをドンピシャで竹内選手が合わせて先制。


その後は攻める山形さんの攻撃を撥ね返しつつ、カウンターを狙うJEFという構図に。


大塚選手に代えての荒田選手という采配は大概「そうだね」と頷くのですが、兵働選手不在のこの試合では少々リスクが高いかとも考えていました。


その荒田選手、特にGKと1対2になりながら追加点を奪えなかったシーンにはガックリでしたが、終盤、勝利をぐっと引き寄せた得点も彼でした。(力なく浮き続けていた渡邊選手のクロス、しっかりとしたグラウンダーでしたね)



下からのチャレンジャー候補は多少少なくなったのかもしれませんが、上を眺めれば、まだ望める順位があります。無論、敗戦を喫した山形さんも最後まで望みを捨てずに残り二試合を迎えるでしょう。


チームは当然解っているとは思いますが、久しぶりの完封試合に浮かれる事無く、次節を迎えて欲しいですね。

遠地山形。寒さと天候という悪条件の中、現地に赴かれた皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する