犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 草津戦前夜[H:草津戦]【J特】

こんばんは


[10/6(土)、7(日) J2リーグ戦 第37節:プレビュー]2位以下は混戦。自動昇格か、J1昇格プレーオフ出場か(J公式)
【J2:第37節 千葉 vs 草津】プレビュー:サイドの攻防、リードしたあとの戦い方で強いメンタルを発揮して勝ちきりたい千葉。草津はダブルボランチのゲームメークでゴールを狙う。(12.10.05)(J's GOAL)


どこをこうすれば、という点が見え辛いだけに、触れるべき点がどうしても試合運びやメンタル面になってしまうのですが、ここ4試合で勝ち点2しか挙げられていないチームが自動昇格の可能性を残している以上、どうしてもそこに触れざるを得ません。


ここに至って尚、実況では戦力レベルについて触れられる事が多い訳ですが、JEFの現状から考えると、1人で2人を相手に出来る、或いは2人を常にマーカーとして引き付けられる選手は恐らく草津戦のピッチにはいないでしょう。


換言すれば、普通に1対1で対峙して相手を圧倒できる選手、解っていても得点を奪える選手が居る訳ではないという事です。


サポとして贔屓目に見て、相手よりも3割増し・5割増しの存在感を示せる選手はピッチ上に散在しているのかもしれませんが、チームとして有機的に繋がって言えるとは思えませんし、時折見せる個々のイメージが重なった場合に得点が生まれていると言えるのかもしれません。


確かに、年俸面や経営規模で見れば他クラブを圧倒しているのかもしれませんが、J1クラブライセンスを得る事の出来なかったチームに対して惨敗を喫している現状からするなら、まずは「出し切る」事が重要でしょう。


もし、選手全員にその意識があったなら、少なくともここ2試合で勝ち点を「4」とは言わないまでも「2」の上積みがあったのではないかと思います。

J1では早くも来期を戦うステージが下のカテゴリに決してしまったクラブがあります。


可能性がある故に、「まだ上に挑める」という意識ではなく、「上を望むにはもう後が無い」そういう姿勢をピッチ上で見せてくれる試合を望みます。


それでは、皆さん、フクアリで!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する