犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • らしくなさ!?[川崎vs鹿島@等々力]【J特】

こんにちは

J2は変則でもJ1は通常の土曜日開催。今週は等々力競技場での対鹿島戦にお邪魔して来ました。

アウェイゴール裏での迫力ある応援がホームの川崎サポさん達の声量を上回っていたように思えたのは、管理人がややアウェイ寄りに陣取ったからだけでは無いと思うのですが、実のところは解りません。

全くの余談ですが、今シーズン、等々力での対戦チームは赤基調のクラブ、味スタだとアウェイに橙基調のチームが多いですね。



さて、試合はといえば、慌しくボールを繋いで相手ゴールへの進入を図るも、最後が雑でゴールを奪えない川崎さんと、しっかりと守備で受け止めて、慌てずに虎視眈々とチャンスを窺う鹿島さんという展開。

まぁ、メンバーは異なれど川崎さんの戦い方は、ざっくり言ってしまえばいつも通りなのでしょう。

一方で前回拝見した際にリーグ初勝利を挙げた鹿島さんですが、その時とは異なり、相変わらずのスタイルで落ち着きを感じました。


先制は、鹿島さん。柴崎選手のスルーパスに興梠選手が抜け出してのゴール。何というか久しぶりに「ボールが出た段階で勝負あり」と感じた素晴らしいパスでした。


更に、カウンターからドゥトゥラ選手がペナルティエリア内で倒されてのPK。後でリプレイを見返してみると、切り替えす事でファウルを誘ったようにも映りました。これを興梠選手がしっかりと沈めて2-0。


従来のイメージからすると「これで勝負あり」だったのですが、ここから川崎さんの反撃開始。ゴール前中央に攻め上がったCBの實藤選手と憲剛選手のワンツーからのゴールが生まれます。

確かに實藤選手の攻め上りは見事でしたが、2点リードの鹿島さんがあっさりとあのエリアを割られて失点する事自体が管理人には俄には信じられませんでした。


前半は鹿島さんの1点リードで折り返し。


そして、後半はもっと驚くシーンが多かったような気がします。


カウンターから度々ゴール前でのチャンスを演出した鹿島さんですが、追加点を奪う事が出来ず。しかも、交代枠を3枚使い切った後に川崎さんに同点とされてしまいました。

終了前のビッグチャンスもゴール前でどフリーのジュニーニョ選手のシュートは遥かバーの上。

結局、2-2のドローでタイムアップを迎えました。

開幕からの不調があったとはいえ、タレント豊かな鹿島さんがこの順位に止まっている理由の一端を見た気がします。


名手、小笠原選手も自陣で二度ほどプレゼントパスを送るシーンがありましたし、チームとしても得点直後や交代直後の失点。駄目押しで試合を決めきれなかった事。


確かに各選手の蹴る・止めるという技術は中々お目に掛かれないレベルでしたし、綺麗な攻撃も多々ありましたが、過去の対戦時に幾度と無く感じていた「したたかさ」を殆ど感じられなかった事は意外でした。

また、一方の川崎さんに関しては殆ど触れていませんが、シュートに至るまでの動きに負荷が掛かり過ぎているのではないかと思います。これから更に制度や共通意識を高められるのか、という部分なのでしょうが・・・。

鹿島さんとは逆の意味で、撥ね返して縦パスからのパワーやスピードを活かしたカウンターで手数を掛けずに得点を目指していた川崎さんのイメージも殆どなくなっていました。


ポンポンと繋がるボールは小気味良いですが、個人的な志向とすると、先制点をアシストした柴崎選手が見せたような、一本で決めるプレイに軍配を上げたいと思います。


その柴崎選手、特に身体が強いようには見えなかった故に、プレイの雰囲気やスケール含め今後が非常に楽しみな選手だと感じました。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する