犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 脱甘は遠く[第32節/H:福岡戦]【J特】

こんばんは


[9/2(日)J2リーグ戦 第32節:試合総括]首位の甲府、2位の湘南がそろって勝利。千葉が3位へ浮上(J公式)
【J2:第32節 千葉 vs 福岡】レポート:不調だった前半を割り切って冷静に戦った千葉が後半の修正で競り勝つ。終盤に猛攻を見せた福岡は押し気味だった前半のノーゴールが響いた(12.09.03)(J's GOAL)
試合結果

千葉:ベテランの底力


前半開始早々のハイプレスによる竹内選手のボールロストであわや失点しかけましたが、そこを凌いだ後、福岡さんの攻撃は作る・崩すというよりは突いてくる部分が多かったですし、あれだけのタレントを擁しながらもセットプレイにあまり怖さを感じませんでした。


アクシデントもあった前半、フクアリのスタンドの熱気を切り離した上で、スコアレスで構わないと割り切れたのであれば、漸く昇格争いのスタートラインに立つ資格が出来たのでしょう。


ただ、スタンドから見ていて先制自体がラッキーのように受け止めていた事は事実でして(録画を見直すと、田中選手が受けたファウルに対して主審は流すゼスチャーをしていませんでしたから、ロボ選手のシュートそのものが無効だった訳ですが・・・)、それ故にきっちりと2点目を奪った事で、この試合の勝者と胸を張れると考えました。


但、残念ながら、2点差を得た後、反撃の気勢を叩き潰す事は出来ませんでした。

これは、ピッチ上の選手、ベンチ、そしてスタンドの我々に共通していたのではないかと思います。


どういうことかと言えば、笛が吹かれなかったとは言え、谷澤選手がハンド気味(と言うかハンドだったように思います・・・)にトラップしたカウンターからの1対1を外した際のスタンドのリアクションからも感じられましたが、この時点でのJEFは「3点目が欲しい」止まりであって、「3点目を叩き込んで試合を決める」という覇気が感じられませんでした。


換言すると「一点リードで余裕を見せ、追いつかれてから慌てだす」或いは「チャンスは数多く作れどもリードを奪えずに時間ばかりが経過する」といった時の状況でピッチから感じられた雰囲気と2-0で推移した後の雰囲気が何ら変わるように管理人には思えなかったという事です。


この辺りの時間帯、一見すれば押し気味にゲームを進めていたJEFですが、前半以上に攻撃参加の姿勢を見せた来た福岡さんの戦い方の変化を考えれば、最善の策は、「諦めさせる事」だった筈です。


谷澤選手を責める訳ではありませんし、他の誰が決めても良かったのですが、そうすれば、凌ぐにしても機を見て追加点を奪うにしても交替選手の投入という対応がもっと早く行われていた筈で、それは結果的にはピッチ上の選手達の過負荷の軽減に繋がったと思います。


フォアチェックの深井選手、中盤の守備固めの健太郎選手。

仮に交代のメンバーが一緒であっても、その交代の時間帯が早ければ、タイムアップ直前までハラハラするような状況には成らなかったのでは無いかという考えは捨てられません。

フクアリでの連勝は当然嬉しいですが、既に過去の物でもあります。目標はあと10試合の結果であり、その戦績。


ピッチ上では昨シーズンまでに限ってもJ1経験選手が4人。それですらタイムアップ前どころかラストプレイでやっとホーム勝利を確定している事実。


このチームの拠り所がどの辺りにあるのか。実は、この現実をかなり重く受け止めている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する