犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 太鼓のリズム[FC東京vs清水@味スタ]【J特】

こんばんは


駅を降りてコンビニで買い物。「慣れたもんだ」と思いつつ、今シーズン何度目になるか数えてみたら、FC東京のゲームでなんと7試合目(!?)でした。既にJEF戦でも一度伺っていますから、確かに通い慣れた人の庭と言っても過言では無いのかも知れません。


飛田給からスタジアムまでは兎も角、平日19:00キックオフとなれば、慣れていようがいまいが、開始までに到着できるか否かが一つのポイント。

ベルサッサ(死語ですかね?)で職場を後にして、何とか18:30には飛田給に到着。

食料・飲料を買い込んで何とかキックオフ前にはスタンドに陣取る事が出来ました。


さて、そこで感じる雰囲気はいつもと明らかに違います。


高橋選手や権田選手の不在はウィークデイ故のターンオーバーかと考えていたのですが、彼等は代表招集されていたのですね。加えて、ナビスコの決勝トーナメントという意識はあったのですが、準決勝とは思っていなかった管理人は少々戸惑ってしまいました。


しかも、アウェイゴール裏からはリズミカルな太鼓の音と元気な振り付け。


初めて間近で拝見する清水さんの応援は、それまで抱いていたイメージ通り、楽しそうでした。


さて、試合はというと、オウンゴールで先制したアウェイ清水さんをホームの東京さんが逆転で下し、2-1の勝利に終わりました。


メンバーが些か入れ替わったとはいえ、いつもながらの東京さんに比べると、しっかりと見させて頂く事自体が久しぶりとなる清水さんのボールの持ち方と展開の仕方は興味深いものがありました。


管理人とすると、清水さんは中盤である程度ボールを持って急がずに展開していくイメージがあったのですが、今の清水さんか感じたのは、時折拝見している川崎さんに近いというか、入ったボールに対しては各選手が責任を持って前にボールをフィードするパス出しのための選択をしているように映りました。


あれだけJのリズムに苦慮しているように思えたヨンアピン選手もスピード面ではJに馴染んでいるように見えた事も驚きでした。(まぁ、ドリブルフェイントなどにしっかりと引っ掛かってしまうところなどは、御愛嬌なのかもしれません)

清水さんとすれば、幸先良い先制を勝利に結び付けられなかった訳ですが、タイムアップ後、前半終了と言わんばかりに声を張り上げていたアウェイゴール裏の姿勢含め、清水さんの応援スタイルに想いを馳せていた管理人です。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する