犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ヤングという形容を捨てるために[U-20女子日本代表vsU-20ドイツ代表@国立]

こんばんは


うーん。「『ヤング』なでしこ」という愛称が悪い意味で具現化してしまったような前半でしたね。


システム的に元々狙いどころである2枚の中盤の内外を、速さ、高さ、強さを備えた選手達が、4枚どころか前の2枚も含めて攻め立てられては、少々の足元の技術の優越では為す術がなかった、と言うより、プレイどころすら見つけられなかった印象です。


開始早々、左サイドからの失点。連携ミスによる追加点。豪快に叩き込まれた3点目。


これらは前半20分までに起こった事でしたし、所謂「大人」のチームであれば、1失点は兎も角、その後の失点は避けられたのかな、と考えもします。



それでも、今大会無失点を続けているドイツ代表は後半に入っても日本の攻撃をずらす事に成功していましたし、得点が生まれるには運も必要であったとは思います。


前半、自陣で漂っていた8番が後半は攻撃のタスクを担えた事。

これまで、チームの攻撃の核であった9番が仕事をさせて貰えなかった事。


ピッチ上での自己表現、そしてベンチの思惑と指示。


体力の消耗があるとは言え、試合を通じて型通りの戦い方を実践できたドイツ代表。


変に勝ってしまうよりは、彼女たちの成長に関して良かったのかも知れません。
まぁ、一人の日本人としては残念でしたけれど、勝てるレベルの戦いが出来なかったチームである事は間違いが無かった訳です。(あくまで選手個々のポテンシャルでなく「チーム」として、ですが)

また、何となくですが、前半は選手達の頭の中が真っ白に飛んでいた事も多かったのではないかと思います。


その意味ではハイプレスを感じたとき、持ちこたえるべき時間を、「15分」「20分」と明確に目視できる掲示がアナログにしろデジタルにしろ今大会では用意されていなかった事も不運だったのかもしれませんし、フィジカルコンタクトに対してもアフターチャージに対しても、よく言えば寛容、悪く言えば無関心なレフェリーのジャッジが不運に働いたとは言えるのかもしれません。


ただ、それらの条件を差し引いても「相手ゴールを割る事が出来たか?」と問われたならば、悔しいけれども「否」と答えざるを得ない自分がいる事を自覚しています。


素人目に見ても、ドイツ代表は強みに関して次元の違うチームでした。

その彼女らが試合後にピッチであれだけの喜びを示していた理由が、決勝進出なのか日本に勝利したからなのかは気になりましたね。


何れにせよ、パススピード、フィジカルコンタクト。そして戦術理解度。


これからの課題を残酷に見せつけられた惨敗にも関わらず、今大会でもう一試合出来る事をポジティブに捉えて、土曜日の3位決定戦に向かって欲しいと考える管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する