犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 青赤と白青赤[FC東京vs横浜FM@味スタ]【J特】

こんばんは


キックオフから暫く、徳永選手が随分と高い位置にいて、中にも入ってくるなぁ、なんて思っていた訳ですけど、フォーメーションからして3バックだったんですね・・・。


流石に背中だけで東京さんの選手を判別するまでには至っていない管理人とすると、前半から良く動き回っていた印象がありまして、米本・長谷川両選手が中央にいて、ルーカス選手が前線にいて、程度の認識でしかなかった事を自覚してしまいました。

時間はさほど経過していないのに、前回お邪魔した時に比べても、味スタの雰囲気は大分違っていました。


まず、ボコボコで見るも無残な状態が嘘のような綺麗な芝。

二階席まで満員のアウェイゴール裏。長谷川・千真両選手への大ブーイング。


アウェイユニでは白を盛り込んでいるFC東京さんですから、個人的には「色味が似ているもの同士の対戦」という捕らえ方もしていました。


細々と繋ぎながら得点を狙う東京さんと、縦へのボールとセットプレイの高さで打開を図る横浜さんという構図、の筈だったのですが、最終ラインの凡ミスで生まれた先制点と、流れるような展開で決まった追加点でホームの東京さんが圧倒的な優勢を示して前半を終えました。

2点目に繋がる流れの中での梶山選手の不自然に映る脚の使い方、あれはアウェイの札幌戦でも見せたような動きに見えましたね。

さて、後半、俊輔選手の投入で劣勢を挽回したい横浜さんは左サイドの連携から1点を返します。


しかし、その後のルーカス選手の直接FKが決まった段階で、実質的には試合は終了。

3-1でのホームチームの勝利でタイムアップ。
前で良し、流れて良し、下がって良し。コミュニケーションにも問題なく、プレイスタイルもチームの為に献身的。

まぁ、味スタでは毎度思う事ですが、ルーカス選手が一度は引退という選択をした事が信じられません。


それと、今回は選手の経歴とジャッジに関して、かなりブーイングが多い試合だったように感じます。

その点は経緯を鑑みない第三者として眺めていたからなのかもしれませんから、なんとも言えませんが・・・。


逆に言うと、横浜さんのゴール裏は、味スタで眺めたアウェイサポーターとしては一番の声量を誇っていたとも感じた管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する