犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 勝ち点3[第32節/H:福岡戦]【J特】

こんばんは

兎に角、勝ち点3を得られて良かった、というのが正直な感想です。


藤田選手の負傷退場というアクシデントを乗り越えての勝利は評価できる反面、セーフティリードを保っての勝利という点ではベンチに大きな課題が残されたと思います。


藤田選手が去って後、肩代わりされたタスクに加え、得点まで挙げた荒田選手。

前半早い段階で警告を受けた勇人選手。

低いポジションに位置しながらチャンスと見れば、積極的な攻め上りを見せた兵働選手。


ファイーストチョイスに始まり、局面局面で守備にも貢献していた藤田選手の不在をそれぞれのポジションで各選手がカバーしている事は間違いがなかったですし、それ故に、消耗も早かった事は明らかでした。


前線での運動量なら深井選手、まず中央を落ち着けるなら健太郎選手という選択肢があったにも関わらず、1点を奪われた挙句、タイムアップまでハラハラさせる展開を許したベンチワークには、正直危機感を抱いています。

今節終了時の順位なんて、気休めにもならない位に・・・。


更に、応援の形式にも不満が残ります。

管理人としても一体感は保ちたかったですし、試合中のリードには従いましたが、正直、劇薬(という認識で行われた筈だと考えていた応援スタイル)を続けるという選択に積極的な賛同は出来ませんでした。

滅多には使わないからこその伝家の宝刀であると思いますし、今節に関しては2-0までは二番煎じ(!?)でいけましたけど、2-1になった段階で柳の下の鰌は完全に消えてしまいましたね。(最後のCKで事無きを得なかったら、どうなっていた事か・・・)


無論、団体さんの熱意や努力を否定するものではありません。ただし、1サポとすれば、前節「得点を挙げるまでは」と説明があったアッコちゃんは先制後も前半の間続きましたし、「水戸戦だけは」という話で行った応援スタイルは今節も継続されました。

前節に関しては「1点で気を抜くな」と言うピッチへのメッセージと捉え、継続に抵抗はありませんでしたが、流石に今節への導入は無理があるでしょう。

結果が出ているからという理由だけで合意無く続ける応援スタイルは、やはり強引だと感じてしまうのです。

そう、言うなれば狼少年のように・・・。

勝利直後のエントリでここまでボヤく必要も無いのかもしれませんが、そう思っていた方も少なくなかったのではないでしょうか?

ともあれ、勝ち点3は得ました。

スタンドで奮闘した皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する