犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • それぞれの味[第31節/H:水戸戦]【J特】

こんばんは

[8/26(日)J2リーグ戦 第31節:試合総括]甲府が首位を堅持。湘南、大分、山形が浮上。千葉も快勝(J公式)
【J2:第31節 千葉 vs 水戸】レポート:前へ速く仕掛ける攻撃と球際の激しいブロック守備という変化を見せた千葉が快勝。水戸は攻守両面でのミスが響いた。(12.08.27)(J's GOAL)
試合結果


開始10分を待たずして、竹内選手の今季初得点として、セットプレイから生まれた先制点。

谷澤選手が強みを見せた突破からの藤田選手の追加点。

途中出場の深井選手と藤田選手の二人でカウンターから奪ったダメ押し点。




左サイドで躍動した谷澤選手。中盤低くで前を向いて力を示した兵働選手。

絶妙な動きでサポート役に徹した隊長。運動量を活かして中盤を支えた勇人キャプテン。


鈴木選手と相対するSBで仕事をこなし、後半途中からSHへとポジションを移しながら右サイドで存在感を示した高橋選手。

完封で力を示した両CBにGK。特に、竹内選手は得点で、智選手は展開力でそれぞれチームに貢献しました。

櫛野選手は開始直後の接触プレイの影響を心配しましたが、ミドルシュートにはしっかりとコースに入れていましたね。

スピードを活かし、右サイドを中心の攻撃を見せた田中選手。

前線からのチェックを続けながらも2得点を挙げた藤田選手。


この試合ではそれぞれの選手が皆さん素晴らしかったと思いますが、私が一人を挙げるなら、荒田選手になるでしょう。


0-0の段階でイーブンのボールを狙って相手GKと交錯していたシーン、先制点では竹内選手の内側でデコイになっていた事。

藤田選手の得点シーンでも、ニアにその姿を確認する事が出来ますし、得点には至らずとも、ニアでゴールを狙ったシーンは度々確認されました。


FWである以上、得点を挙げたくない選手はいないと思いますし、アウェイの水戸戦では負傷交代とは言え、自身の得点が勝利に貢献している訳ですから、この一戦に掛ける想いも強かったのではないでしょうか。


最前線に位置しながら、相手の最終ラインに対して時には囮。場合によっては潰れ役。そんなタスクをしっかりと果たしきってくれたと感じます。

無得点を残念にも感じるでしょうが、裏を狙う・ニアで競るという両立しがたい仕事をこなし続けた故の途中交代ですから、これは致し方ないと思います。

守勢時、ペナルティアーク付近が空くシーンは何度かありましたし、試合終盤には度々クロスボールに対応しきれないシーンも散見。


スコアほどに完勝とも考えてはいませんが、敗戦したらシーズンが終わるという意識があった故に、今は安堵と期待が入り混じった不思議な感覚です。


出場停止の健太郎選手の復帰が、チームにどのような変化を齎すのか含め、次節への向かい方を考える管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する