犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 黄黄青赤黄~信号機【J特】

こんにちは

谷澤達也選手の加入について
谷澤達也選手 ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍のお知らせ(FC東京さん公式)


いくら熱烈なオファーがあったとしても、シーズン中であり、J1というカテゴリで出場を重ねる主力級の選手が、何故移籍という判断に至ったのか理解に苦しみます。…それが、普通の選手であれば、ですが。


でも、谷澤選手について考えれば考えるだけ「ああ、そうかもしれないね」という感じでしょうか。

彼がJEFを離れると知った際は相当なショックでしたし、昨シーズンのホーム開幕戦、散々シュートを外しまくっていた姿も良く覚えています。味スタにも良く足を運ぶ身からすれば、懐かしむという訳でもありませんが。


そのフィジカルとキープ力を活かしてSBが上がるタイミングを作りつつ、隙あらば自ら中へと侵入する。

そうしたイメージは皆さんの頭の中にも浮かぶのではないでしょうか?

しかし、加入する谷澤選手に非がある訳ではありませんが、現状の補強ポイントとしては明らかにズレている様に感じます。

今のチームの不調は、中盤の底を埋めている健太郎選手の不在が響いている訳ですし、その彼にしても、ボール奪取後の展開や縦へのパスという点に於いては物足りなさを感じるシーンがあります。

そして、ここまで全試合出場を続けているCBのバックアップを務める選手は良太選手のみであり、その彼にしてもコンディションの問題からか、試合によってはベンチ入りすらない事も。(高橋選手の加入により、大岩選手の起用という選択肢はあるのかもしれませんが…)


フロントなのか、ベンチなのか、或いはその両者なのかは判りませんが、ロボ選手然り、得点力向上=アタッカー補強という考え方は安直というよりも非常に危険なのではないでしょうか。

確かに、ゴール前でビッグチャンスを毎試合5本外す様な状況ならばアタッカー補強もありだと思いますが、現状はそういったシーンはなかなか作れず、そこまでボールを運べたり相手を崩せたりしていないと受け止めています。

ロボ選手のコンディションが上向くなり、谷澤選手がチームにすぐフィットしたとしても、その働きが個人レベルなら相手に対策を打たれれば、輝きはせいぜい片手の指程度で終わってしまうのではないかという危惧が残ります。


違約金を支払ってまでアタッカーを獲得するのであれば、その資金で半年間ミリガン選手を引き留めるなり、というやり方もあったのではないかと考えてしまう管理人です。


その点で考えると、谷澤選手を2列目で起用することで、兵働選手のポジションが一列落ちるのであれば、補強の狙いもある程度理解は出来るのですが…。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する