犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 残念ながら妥当な結果[第27節/H:栃木戦]【J特】

こんばんは


[8/5(日)J2リーグ戦 第27節:試合総括]甲府が5連勝で首位をキープ。東京V、大分が再浮上で迫る(J公式)
【J2:第27節 千葉 vs 栃木】レポート:攻撃の形とリズムに変化が乏しかった千葉。体を張った栃木の堅守を崩せず、無念のスコアレスドロー(12.08.06)(J's GOAL)
試合結果

連勝中の栃木さんとは言え、その理由は前線の爆発力でなく中盤以降の守備力に支えられていると感じていましたから、所謂、「打ち合い」ではなく「鍔迫り合い」の時間が長いと覚悟していました。

逆にいえば、そこで一本を狙える獲物はお互いに持っていないと感じていましたし、取れるのであれば、組討からの結果であろうと考えていました。

その意味で言えば、お互いが好機に得意の獲物を選び損ねたとも感じますし、それでも合わせさえすれば、というシーンが度々あった事は事実でしょう。


JEFの思い切りの良い攻撃は健太郎選手の存在あってこそでしたから、大介選手が起用された以上、中盤中央が薄く感じられたこと自体は否定できないと思います。

そこで、彼が前を向いて走れるよな、飛び出していけるような方策がベンチにはあったのか、それはあれどもピッチ上で表現できなかったのか、その違いが気になりますね。

栃木さんの守り方の変化に正直驚きました。身体を当てず、ブロックを作って奪い所を絞ってカウンター、という点までは非常に洗練されていた様に思います。


その上で、やはりと言うか、流石と評するべきか、パウリーニョ選手の存在感はゲームピカイチだったと感じました。


有り難い事に、彼が得点に絡むシーンを見ることなくタイムアップを迎えられましたが、彼の存在はJ2にとって不気味なものになるのではないかとぼんやり考えている管理人です
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する