犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 容と綾[第22節/A:熊本戦]【J特】

こんばんは

[7/1(日)J2リーグ戦 第22節:試合総括]東京Vが首位へ復帰。湘南、大分は引き分けも順位アップ(J公式)
【J2:第22節 熊本 vs 千葉】レポート:武富孝介の3試合連続ゴールで熊本が千葉から初勝利! 守備対応を含めた狙い通りのゲーム運びで、後半のスタートをきった。(12.07.02)(J's GOAL)
試合結果


敗れるべくして、とまでは言いませんが、やはり勝ち味が少ない内容だったのではないでしょうか?


決定的なチャンスとピンチにはさほどの違いはありませんでしたが、イーブンな終盤で初めての1対1を作らせてしまってはいけません。

スタミナに不安を感じさせるヴェテランと小粒な3名が並んだ中盤ではボール奪取を望みえませんし、勝負どころで相手を離してしまえば、前を向いての仕事もされてしまいます。


ようやく見終えたリプレイですが、こういった敗戦が二回あればたまたまでは無いでしょうし、展開を見ても1発に沈んだとは言えません。


例えば、このところ良くみられる田中選手->深井選手の交代。人体に例えるなら、腕の長さと動きの速さ、指先の使い方がいささか違うだけで、おおまかな動きは変わりません。つまり、相手にとってはやり方の変更を強いられない交代ですね。


相手を混乱させるなら、勝てる勝てないは兎も角、相手を一人引っ張れるオーロイ選手の投入の方が打開に近づきますし、リスクも低減できると考えました。

前回も今回も、自身が優勢ならばホームチームは一枚を捨て駒にしてでも守りきる事を意識しますから、投入の効果は半減してしまいます。

町田選手の投入も、藤田選手が下がる事で対応の変更を予想させるものではありませんでしたね。


そして、さんざん触れているプレイスキックからの得点不足。この試合でも散見されました。

停滞や失速は夏場の風物詩となりかけていますが、ここからの挽回を諦めている訳でもありません。


累積での出場停止を危ぶまれる智・兵働の両選手に勇人キャプテン。

連戦の疲れも見える前二者と上りが早すぎる事でスペースを潰す後者。

この辺りでアンタッチャブルが無い事を示しておかないと対外的以前の問題として「目先を変える」程度では厳しいとも感じている管理人です。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する