犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 日本代表など

こんばんは

今更ながらですが、最終予選の3連戦に関して。

毎度苦労させられる緒戦ですがその対戦相手のオマーン代表、さらに二戦目では相性が悪いと危惧されたヨルダン代表。どうなるんだろうかという心配を他所に共にホームで圧勝。

基本ポジションは置いておくとしても、得点を求められる選手が連動しながらもしっかりと得点を狙ってゴールを挙げる。

普段、J2中心の観戦を行っている事もあって、やはり代表選手は上手いなぁ、と感嘆しながら、ポテンシャルを発揮する姿に、強くなったなぁ、そう単純に思いました。アジアカップで感じたそれは一過性のものでは無かったと。

何せ、私の抱く最終予選のイメージと言えば、対戦相手に関わらず、毎回、前線までボールを運びながら、アタッキングサードでの勝負を放棄し、枠に飛ばないどころかシュートを撃つ事を禁じられたかのような内容ばかりで、時にはカウンターからの失点でよりゲームを難しくする、といったネガティヴなイメージでしたから。

逆に、初のアウェイゲームとなったオーストラリア戦は違った意味で心落ち着きませんでした。

豪州代表にJリーガーが多かった事もあり、各クラブのサポーターも所属選手については大きな関心を寄せていたように思いますし、私はやはりJEFサポですから、どうしてもミリガン選手に意識は向かいます。

ベンチスタートを残念に思いましたが、前半早々の途中出場に、twitter上では多くのJEFサポも喜んでいましたね。しかし中盤の一角に入りながらもどこかチームの流れに入り込めないまま、警告。

この辺りでは、まだ「ミルジ…」という苦笑レベルだったのですが、55分の警告での退場は可哀想でした。

No Referee,No Football(ゲキサカ)

こちらでも紹介されているように、このあとジャッジメントは非常に不安定で不可解なものが多くなり、最後まで後味の悪いものに。

ただ、結果としてはライバル相手にドローで終えられた訳ではあるので、3連戦トータルで考えたならば、最終予選の入り方としては上出来なのではないでしょうか?

無論、次の予選で起用するCBなど、気になる部分は残ってしまいましたが…。
大岩 一貴選手  第30回オリンピック競技大会 U-23日本代表予備登録メンバーに選出!

まだ予備登録メンバーですし、OAで同じタスクを任せられる徳永選手が選出されている事を考えれば、最終メンバーに残れる可能性はかなり少なくなってしまった印象ですが、まずは残れた事が大きいようにも思います。可能性云々はそこから先の問題ですし、まずはしっかりと準備をして最終メンバー発表に臨んで欲しいですね。

山根恵里奈選手  第30回オリンピック競技大会 なでしこジャパン予備登録メンバーに選出!

こちらは本人も驚くような選出であったようですね。GKというポジションゆえの難しさもあるとは思いますが、代表で得られる事も多いでしょうから、一つでも吸収して成長の糧として欲しいと思います。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する