犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 搾り出した声[第10節/H:富山戦]【J特】

こんばんは


まだ、リプレイを確認していません。


手を変え、品を変えという現状、流れの中で上手く行かない点に関しては「鶏と卵」のようにも感じますが、メンバーや布陣に手を加えてどうなると言う問題ではないでしょう。


理想やスタイルを追う事を諦めて欲しくありませんし、そのための覚悟は持っている積りです。


但、それ故に、現実的な処方箋に関してはいい加減手をつけて欲しいと思います。


プレイスキックからの失点の排除、および得点率の向上。そのためのトレーニング。


今のところはそれ位しか、結果の改善に繋がる具体案が思い浮かびません。

確かにジャッジは満足するべきレベルのものではありませんでしたが、それに対してプレイ中にクレームするだけの気概が有るなら、試合後のブーイングも十二分に受け取って貰わないと困ります。


「選手達に対して、フクアリであれだけ纏まったブーイングが発せられた事があったかなぁ?」帰路でそう思い返しながらも、試合後には私も思い切りブーイングを飛ばしていました。恐らく、初めての経験でしょう。



フルタイム喉を枯らして応援していた我々もですが、平日の夜、業務を終えて必死でフクアリに駆けつけた皆さんに対して、あの失点の仕方は「無様」としか表現できません。


無論、対応の結果失点に絡んでしまった選手にではなく、勝利を得るために集中しなければならないシーンで、クレームを優先したメンバーに対しての想いですが。



逃した事に対してブーイングを飛ばす訳では無いのです。

逃げる事に落胆し、失望し、幻滅し、声は沈み。…結果としてファンの足は遠のく。


それでも、サポは通うのです。


心は熱く。頭は冷静に。

逃げず、恐れず、繰り返し。諦めず、粘り強く。


誰だってあんな試合後の風景を望んではいないのですから…。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する