犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 顕在化した不安[第6節/A:栃木戦]【J特】

こんばんは

【J2:第6節 栃木 vs 千葉】木山隆之監督(千葉)記者会見コメント(12.04.01)(J's GOAL)
【J2:第6節 栃木 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント(12.04.01)(J's GOAL)


あまりしっくりとこない監督コメントだな、と思います。


意図はどうあれ、ペナルティエリアを右手に見ない左SBでは一列前の深井選手の良さが出ないどころか、デメリットばかりが協調されてしまう事は想定されていたのではないでしょうか?

慶選手の配置が右SBならば、逆サイドの意味ではテストにはなったのでしょうが…。

暴論かもしれませんが、スピードにも高さにも欠けるフィジカルに劣った選手が「受け」を意識したプレイをすれば、劣勢に陥る事は明らかだった筈です。

左サイドの偏重は、パッケージの問題でしかなく…。前ならば強みになるけれど後ろならば弱点という事は十分に把握していたように思います。

その意味では、3バック気味になる攻撃時のオプションとしては良太選手やミリガン選手の起用を試す方が面白かったのではないかと考えます。


それに実効があったかどうかはまた別の問題ですが…。

渡邊選手の長期離脱は兎も角として、アウェイで慶選手のスタメン左SB起用はありえないと思っていました。

それは慶選手云々の話ではなく、前に位置する深井選手のプレイスタイルからです。


深井選手を活かすならば、できるだけ前に置かないと意味が無く、それ故に慶選手の良さは活きない。

そのタスクをこなせそうな人材がいないとは思えませんが、それも実践してみない事には解らないでしょう。


ただ、智選手が2枚目を貰った事で、今後の戦い方の保障も危ぶまれる事と成りました。


この辺り、監督がどのように考えているのかに関しては興味を抱いている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する