犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 振り返りと期待[No.5]【J特】

こんばんは


2011:マーク・ミリガン選手


Jでは類を見ない程のロングスローはじめ、素晴らしいポテンシャルを魅せた反面、工夫や研鑽、鍛錬といった部分には殆ど成長が見らず、助っ人、主力として29試合、2,518分の出場は率にして3/4に至らず。兎に角、警告と出場停止が多すぎました。


それも、チームのために出された物ではなく、自己を律する事が出来ずに出された物が多かっただけに、非常に残念でしたね。


工夫なく出来てしまうゆえに、ポカも散見され、そうして起こしたミスを試合中に自己の中で収めきれない。

一言で表すならば「未熟」「浅慮」「短慮」と表現すべきなのかも知れませんが、個人的にはあのポジションを務めるには「ガキ」とか「幼さ」から抜けられなかった、という表現が一番しっくりくるような気がします。


加入当初から代表熱は高かったですし、今回の期限付き移籍でもどこを目指しているのかが判然としませんが、チームから出されたのではなく、出たかったのだろうな、と受け止めています。(CB候補としては兎も角としても、チームとしてならSBでも期待できる能力はあると思いますし)

それでも、万一、JEFで今期も過ごしてくれるなら期待するポテンシャルを持っているだけに、今後の去就には注目したいと思います。

2012:山口 智選手


30試合、2,689分出場、2得点。

昨シーズンもチームの主力として、8割7分の出場率。

それも、シーズン終盤までJ1の優勝争いを演じたG大阪さんでの実績。


それまでも国内の全てのタイトルを経験し、更にはアジアチャンプを経てCWCに出場。


袂を別ちて後、素晴らしい経歴を積み上げた選手が、JEFに新加入。


戻ってきたと表現するにはお互いが歩んだ道が異なりすぎてしまった気もしますし、管理人とすると、正直、強力な新戦力と表現した方がしっくりとします。


「この一年に掛ける」というコメントにキャリア終盤を迎える選手の覚悟を感じると共に、JEFの選手として大いに期待を抱いている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する