犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

[11/12(土) 13(日) J2リーグ戦 第35節:試合総括]FC東京が昇格圏確定へ前進。鳥栖、徳島、札幌は譲らぬ競り合いが続く(J公式)
【J2:第35節 千葉 vs 鳥取】レポート:PKによる『1点』を守りきった千葉が、7試合ぶりの勝利でJ1昇格争いに踏みとどまる。鳥取は痛恨のハンドと攻撃時のミスに泣く(11.11.13)(J's GOAL)
試合結果


ポゼッションをしてシュート。相手GKに防がれまくったという観点からすると、1-0でも勝利できた事は良かった訳ですが、支配したというよりは持たされていたと表現した方が良いのかもしれません。

オーロイ選手がいた前半よりもターゲットを目掛けて蹴るボールは後半の方が印象に残りますし、受ける側の大島選手は米倉選手の制止にも関わらず、二人が被って競り合いに入るシーンも多かったように感じます。



追加点が奪えなかった事はGKの出来を差し引いても仕方が無いのかもしれませんが、特に試合終盤は、1-0で締めたいのか、追加点を奪いに行くのか、前から追うのかブロックを築くのか。状況によっては前線と最終ラインの間には広大なスペースが生まれていたり、気がつけばフォアチェックに走っているのが、バイタルを埋めるべきキャプテンであった事にも驚きました。


その辺りは試合後のインタビューでも述べられていますが、メンタルの一言で片付けて良い問題でも無いでしょう。

試合後のお立ち台でのキャプテンのコメントや、ゴール裏でのマイクパフォーマンス前の米倉選手のコメント等、気持ちが解らないでもありませんが、まずはフットボーラーとしてしっかりチャレンジして欲しいですね。


シュートを防がれたり、枠を大きく外したりすれば、やはり頭を抱えますが、撃たねばそれすら適わない訳ですから。

その意味では相手のゴール目掛けてミドルを撃ち、クロスを上げ、ボールに合わせるシーンが多かった事を前向きに捉えたいと思います。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する