犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • のらりくらりと無理をせず(川崎vs大宮)【J特】

こんばんは


少し前になりますが、等々力での川崎vs大宮さんの対戦にお邪魔しました。


選手入場直前にスタンドに陣取り、選手入場から拝見していましたが、試合はいきなり動きます。

ちょっと離れていて詳細は見えませんでしたが、クリアのボール毀れ球に詰めた東選手が先制。


(あそこに居るってのが違うんだよなぁ・・・)等と思いながら、その後の展開に興味を強めました。


左サイドを中心に右サイドからも攻勢を強める川崎さん相手に、大宮さんは何度もピンチを迎えますが、ファインセーブや体を張った守備で得点を許しません。特に前半、中央を割られるピンチが無かった事には集中力を感じました。


守備に時間を割きつつも時折見せるカウンターでは、無理をして単独での突破や攻め上がりを見せる訳でなく、ラファエル選手が中央にサイドと動きつつ、無理だと思うとサイドを変えたり、ボールを下げたりする「ウナギ」のような嫌らしさ(好意的な表現)を見せる戦い方は見事だったと思います。


そのラファエル選手は攻撃の時だけでなく、攻めあがった味方にボールを預けた後はバイタルを埋めたり、SBの位置でボールをタッチに切ったりとピッチの所構わず、縦横無尽の存在感でした。


また、後方からのロングフィードに跳んで競る訳でなく、長めに蹴りだしたボールを上半身の動きで抜いていくドリブルなど、体躯とプレイのコントラストも興味深かったです。


この辺り、ボールを持って仕掛けていくジュニーニョ選手との対比もあって、個人的には凄く楽しめました。


特に、ジュニーニョ選手の縦への仕掛けは悉く大宮さんが封じていた訳で、この辺り、後ろ向きでボールを受けても、反転で抜き去っていた頃との違いを感じたりもしました。


時間が進むにつれて、ホームである川崎さんの攻勢は強まり、大宮さんの疲労も相俟って、何度も決定機は生まれましたが、両チームとも遂にゴールは生まれずタイムアップ。



悪質なファウルも無く、クリーンな試合展開。特に、J1チームの選手達のボールを蹴りださずに持てる間合いの小ささには上手さを感じましたし、強みを生かそうとして果たせなかった川崎さんと、勝負ポイントを少しずらして勝利を掴んだ大宮さんの姿勢の違いも楽しかったです。


無論、勝敗を気にせず、気楽に楽しめる他サポとしての身軽さはあるにせよ、それだけに、サポーターとしては現状のチームとの違いを痛感してしまった訳ですが、個人的には見るべき所の多い、好ゲームだと受け止めました。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する