犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは


千葉監督交代会見:三木博計社長コメント(11.10.22)(J's GOAL)
千葉監督交代会見:神戸清雄監督コメント(11.10.22)(J's GOAL)

[千葉]神戸新監督が会見「やらなければいけないということは自ずとわかっている」(BLOGOLA)


個人的には基本的な受け止め方に違和感はありません。


本来、得点や勝利、もっと言えば昇格の為の「手段」の筈の「約束事」が、チーム全体を「自縛」していたと感じましたし、ここまでの試合数を共に過ごしてしまえば、同一人物がどれほど「チャレンジ」を口にしても、受け取る側は「ダメ出し」にしか受け止められなかったのでしょう。


得意な部分、やりたい事を引き出すための荒療治。

無論、今まで出来ていた事が犠牲にされてしまうかもしれませんが、10人となったアウェイの水戸戦であれだけの事がやれたのであれば、と言う面も判断の一面になったのかも知れません。


辛辣に「監督切ります、自分がやります。GMの仕事って?」という表現も可能なのかもしれませんけれど、しがない月給取りでも、スポンサード頂いている立場の長が「連れて来たかったけれど、お金がありません」とは対外的に決して言えない事位は普通に連想できますし。


なので、今回は「総力戦」と言うよりも、「後が無い戦い」と表現すべきなのだと考えています。


不安だった部分で一つ安心したのは、今回の人事がTOPチームの今期の残り試合をターゲットにした物である事でしょう。

社長、都度の会見からすれば、確かに色々と指摘したくなる部分もありますし、TOPの成績を考えたら、不満は当然残ります。


なので、サポとしては当然消化不良ですし、営業的にもう少しこちら側を向いてくれても、と思う事は多々あると言えど、総責任者ではありますが、組織的に考えたら、個人的には経営の長である事を重視していますし、スポンサーを捕まえて来た実績は評価すべきだと言う考えも捨て切れません。


リザの件と、今回の人事異動。


妙手か暴挙かは今判断すべきことでも無いような気もしています。


いずれにしても、フロントに関しては物言う機会があると思って、目の前の現場を応援するしかない訳ですが・・・。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する