犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

世間では代表戦があったり、天皇杯にJクラブが登場していたりしますが、愛媛戦についてもう少しだけ。


前節に続き、ゲッセル選手のポジションに入ったミリガン選手。同様に最終ラインに入った良太選手。

坂本選手に代わって左SBには渡邉選手。出場停止の米倉選手のポジションに孝太選手。

チーム全体を眺めた場合、左サイドの布陣ががらりと変わっていました。


試合が落ち着く時間になると守備重視の戦い方か、日程面の影響か、それとも年齢的な問題もあるのか、やはり、愛媛さんの動きの方が良かったですね。

特に、メンバー構成の変化によるものか、マイボールになった時の繋ぎや展開には大いに不満でしたし、不安を抱きました。


大島選手を目掛けるボールは兎も角として、受ける側は孤立しがちで、カウンターにしても深井選手は切り返しや持ち直しを強いられてしまい、上手く攻撃を遅らされていました。


贔屓目に見てもミリガン選手や竹内選手のロングフィードに端を発するサイドからのクロスしか攻め手が無いように思えましたが、前半終了時のシュート数が示すように、そもそもアタッキングサードにどれだけボールを運べていたか、というような状況。

それも、あわやPKだったり、オフサイドに助けられたりと失点の陰がひしひしと感じられました。


後半の巻き返しを期待しましたが、エンドが変わっただけで劣勢は否めず。


リズムが変わり始めたのは、選手交替からでしたが、交代に伴う孝太選手と深井選手のポジション変更も良かったように思います。


先制については既に触れましたのであえて触れませんけれど、その後何度か得点機会はあったように映りました。


残念ながら、その後の孝太選手は画面越しに見てもガス欠が明らかでしたが、同様に大島選手の疲労も激しかったですね。


試合をクローズする為に太田選手に代えて藤田選手、終了間際には孝太選手から久保選手の交代について、特に後者の交代が先にあって然るべきだった様に思います。
ここ数回、アウェイでの勝利に喜んで来た訳ですが、「漸く光明があるのかも?」という状況に変わりはありません。

ただ、交代により流れの変化を引き出せる選手に復帰、その結果マルチポジションを強いられる選手もその対応が出来うる事は、台所事情を鑑みても、期待を抱けると感じています。


関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する