犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • ダブルスタンダード?(H:横浜FC戦)【J特】

こんばんは


「激しい戦い」と表現すれば表現は美しいとは思いますが、「不安定な基準」と表現した方が正確なのではないでしょうか。

そう、ジャッジメントに対しての印象です。


毎試合、名前だけで主審の判断はしないようにと心掛けているつもりですが、審判団紹介に際しての家本氏の名前、フクアリにはちょっとしたどよめきがあったように感じました。

昂ぶらなければ大丈夫。とだけ考えていた私の期待は残念ながら完全に裏切られてしまいました。


セットプレイ前のペナルティエリア内では、お互い触れ合っただけで吹かれていた笛。しかし、まるで基準が異なるようにペナルティエリア外での接触では鳴りませんでしたし、吹かれる場合でも、その後のワンプレイ後であることがしばしばでした。


ペナの内外という意味では、ハンドリングの基準も大きく異なっていました。

肩で行ったと思われる深井選手のトラップは尽く笛で止められ、ペナルティエリアの中での相手選手のそれは腕を用いた明確なクリアですら反則と認められませんでした。


その結果として、各所で過剰な肉弾戦が繰り広げられてしまいました。


負傷交代を余儀なくされた選手の数、ベンチや選手から続いたクレーム。試合後のスタンドからの大ブーイング。

ルールやジャッジ、レフェリングが、選手や試合を守るべき物であるならば、今回の主審は完全に落第点でしょう。


大々的にバッシングされた後、現場に復帰された氏に対して、特に私はフラットに受け止めるようにしていたのですが、今回ばかりはかなり残念に思います。


そして、常々思っている事ではありますが、それは個々の主審のスキルの問題だけでなく、彼らに対して説明責任の場を設けないリーグに、より大きな責任があるのでは無いでしょうか?

いわゆる誤審や見落とし、疑惑の判定に関して、どんな試合でも皆無にする事は困難でしょうけれど、以前も触れたように、向上のための工夫は必要だと感じています


選手同様、大勢の観客から立ち居振る舞いを見られている審判団。毎試合後に質疑応答nという形で発言機会を設けるだけで、かなりコミュニケーション能力の向上を望めるのではないかと考える管理人です。
それでも、現行の規定に基づいて笛は吹かれる訳ですから、サポ観点からすれば、ヒートアップしているミリガン選手を誰かしら主審から引き剥がして頭を冷やさせて欲しかったとは思っています。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する