犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

アウェイでの勝利は喜ばしいのですが、喜びきれないのはやはり終了間際の失点があったからでしょう。


2-0としての70分からの5分間の戦い方が、相手の思い切りの良さを引き出してしまった様な印象が残りました。

無論、それは先の湘南戦での監督のコメントからも見られるようにキープをする事を狙っての事だったのでしょうが、逆にその事が選手交代を完了させた富山さんを自陣に引き込んでしまったように思います。


相手のセットプレイでも無いのにオーロイ選手がセンターサークルの後ろでプレイするような状況ではやはり失点の可能性は格段に高まってしまうでしょう。

更に、ゲームを落ち着けようとした時間帯には、連戦の疲労もあってか、2点目に繋がるプレイを見せた米倉選手の運動量は格段に落ちてしまいました。

但し、失点を喫したのは富山さんが攻勢を強めた70分台ではなく、JEFが再び勢いを見せ始め、時間稼ぎのために3人の選手交代を済ませてからのアディショナルタイム。

それまでが2点差のリードという事もあり、大火傷という結果にはなりませんでしたし、その点についてまた監督がピッチに対して課題を与えた、という考え方も出来なくはありません。

但し、オーロイ選手→久保選手へのシフトは他の組み合わせは考えにくいそれでしたが、勇人選手のポジションに中盤の底をこなせる選手を投入し、疲労が見える前の選手と交替し、勇人選手を半列上げるというオプションを見てみたい気もしている管理人です。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する