犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは


まずは独りで明暗を示したファン・ゲッセル選手。

守備的意識の強い選手なのかと思っていましたが、相手ボールのときでもポジションはかなり高めでしたね。

深井選手のゴールに繋がるパスを出したのは、彼だという事は無視できない事実です。


ただ、ハイボール、特に相手ゴールキックの時の競り合いは伊藤選手では厳しかったと思う反面、動いている展開では近くの選手との意思疎通に難があったように思います。良太選手、勇人選手と被るシーンも散見されました。

また、浮き球でのパスは受け手がそのまま前を向けるような物ではなかった事もあり、どちらかというと、停滞を齎した印象は否めません。

さらに、ポジションの相棒となる勇人選手のスタイルも機を見て駆け上がる訳ですから、高さの代償としてバイタルのスペースを放棄するという選択は無いですし。

この辺りの解決、本人が控えるべきなのか、周りが控えさせるべきなのかは少々時間が必要な問題なのかもしれませんが。


そして、合間を探して左右に動きまくった久保選手と交代出場で後ろ大きく向きのパスを選択した孝太選手。

やはり本質の違いというか、トップとシャドウというプレイスタイルの違いが出てしまったようにも思います。


個人的には良太選手→孝太選手の交代で、最終ラインの中央にゲッセル選手→サイドにミリガン選手、勇人選手・大介選手のWDHという布陣を期待しましたが、イーブンの展開ではそこまでの変化は困難だろうとも考えていました。


栃木さんのチャージを前面に出したスタイルからすれば、ポテンシャルを活かす前に潰されてしまうリスクは避けたかった訳ですし。

ただ、仮にそうであれば真ん中に移動して活きていた伊藤選手を最後まで引っ張れたでしょうし、試合終盤はガス欠の米倉選手の代わりとして林選手を投入できたように思います。

そうすれば、トップに張った久保選手を眺めながら、右と中央で孝太選手と林選手がチェンジしながら相手を伺い、左の深井選手が止めを刺す。


そんな展開も期待できたように夢想しますけれど、逆に裏を突かれて敗戦というシナリオも十分考えられたように思います。


その辺り、監督は今節、リーグ前半の大一番ではあるけれど、シーズンの天王山では無いと位置付けていたと考えれば、得心とまでは言いませんが、ある程度の納得は出来るのかも知れません。


少なくとも縦一本ではDFラインとGKの間に絶妙なボールを出させなかった栃木さんと出せなかったJEF。

シュート数に関しては栃木さんに軍配が上がりましたが距離があれどもフリーなら遮二無二ロングやミドルを放っていた事を考えれば、そこまで大きな差があったようにも思えません。


久保選手とのコントラストが強まってしまったような孝太選手ですが、余程の状況で無ければ1TOPとして起用されないという事をポジティブに捉えて2nd TOPとしてのプレイを磨いて欲しいと管理人は考えています。

むしろ、試合全般を通じたら、岐阜戦の時のようにJEFの左サイドを攻め立てるのではなく、右サイドの山口選手側からの圧力を高めていた栃木さんの矜持を感じたようにも思います。

確かに残り3試合に全勝しなければこの5節のタスクは達成できませんが、上位の得意な形に真っ向勝負で挑んだ上に、負けなかったという点に関しては評価すべきだと思いますし、得点はセットプレイそのものから生じた物ではない事を前向きに捉えたいと考えている管理人です。


いや、本当に悔しいし、誠に残念ではあるんですが、勝ちに値するゲームでは無かったろうとも思うのです。

(若干、警告の基準が相手に甘かったのではないかとも考えますが・・・。これはJEFサポとしての分け惜しみかも知れません)
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する