犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは


改めて録画も確認してみると、「負けなくて良かった」という印象です。


試合後には得点のために次々とカードを切った横浜FCさんと、とりあえず凌げていた事で対応をしなかったJEFとのコントラストがハッキリとしてしまいましたが、昨年負けて帰らざるを得なかったアウェイの地で勝ち点1を持ち帰れたと言うのは、ジンクスを破ったと言う意味では大きいのかも知れません。


個人的には、警告4枚目のオーロイ選手を思い切って下げるとか、早めに林選手を投入して深井選手と裏を狙うとか、真正面から相手の変化を受け止め続けるのではなく、いなすような交代を欲してもいました。


ただ、そこ含めて、ピッチに送り出したメンバーに考えさせると言うか、交代なく対応を求めているような印象も無い訳ではありません。


個人的には「閉塞」というよりも「打破」に苦しんでいるような印象を抱いています。

今シーズン、厳しい状況はずっと続くと見込んでいますし、SBの攻め上がりなど、開幕からすう試合は見られないシーンもアウェイで見られている訳ですから、その辺りに関してはやはり「生みの苦しみ」があるのではないかと受け止めます。


終盤に追いつかれ、最後はバーに助けられてのドローですから、意気消沈というか楽観視は当然出来ない訳ですが、少なくとも、上積みに期待できないと言う状況では無いと捉えています。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する