犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは


並走しながらのクリアが少ない、外を向いての1対1が甘いという事に加え、絞りすぎてスペースを空ける。


今の守備の最大の課題、左サイド。


良太選手自身が語っていたように、意識としては本質がCBである事、スピードをウリに出来ないプレイスタイルからも、左SBはポジションを務めるという感じなんじゃないでしょうか?

サイドのプレイヤーとしての適正により優れる隊長が出場していた試合ですら、愛媛戦熊本戦では左サイドから失点を許しています。

少なくとも、今シーズンの左SBというポジションには幾許かの不安はついて回るのかな、とも思っています。


前にいる深井選手は守備でも攻撃でも縦横無尽に走り回ってくれますが、それ故に相対するSBの為に路を空けてしまっている点は否定できません。


逆に、右サイドで先発出場した太田選手などは、守備へと切り替わった際のチェイスやポジショニングに大分気を配っていた気がしましたね。

そして、右SBを務める山口選手は元々が中盤の選手だった事もあり、身体を張って競り合うと言う点に加え、マークの受け渡しに関しても、スムーズさを感じます。(それでも、不満が全く無い訳ではありませんが・・・)


大分戦、良太選手を下げて3バックにしても何とか破綻しなかったのは、チーム全体の前への圧力もそうですが、そもそも左のスペースは相手が入りこまなければ対応に出ない、と言うそれまでの戦い方もあったのかも知れません。


試合が進むにつれて、裏へのケアの意識が強かった良太選手自身は前へ向かってのボールに競り合いを見せるなど、自身の戦い方はハッキリしていた様に思います。裏へのボールのカバーはミリガン選手に任せ切りでしたが、その辺りは丸投げではなく、話し合いの結果だと考えたいですね。

それでも、肝を冷やしたシーンは何度も散見された訳ですが・・・。

間合いに入れて縦を切る事もハイボールの競り合いにも不満はありません。

前半に見せたロングシュートなど、武器になるボールも蹴れますから、連携含めた位置取りと攻め上がりの向上を望みます。

一部では藤本選手待望論もあるでしょうけれど、麻生で見た段階では、伸び代は兎も角としても、良太選手を凌駕するレベルでは無い様に映りました。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する