犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 曇っていたのは空だけでなく(FC東京vs愛媛)【J特】

こんにちは

草津戦の翌日、悶々とした気持ちを抱きつつ、悩みながらFC東京さんと愛媛さんの試合を観戦。

久しぶりの駒沢開催の観戦でしたけれど、専スタ以外ではかなりお気に入りのスタジアム。客席の傾斜とトラックのカラーリングの効果からか、ピッチが近く感じられますし、味スタや等々力ほどスタンドの設計が高くないからかも知れません。

以前に訪れた時には強烈な日差し、今回は時折ぱらつく雨に悩まされましたので、屋根が無いのが玉に瑕ですが、J2開催スタジアムとしては十分に素晴らしいと思います。


さて、試合はというと、前半に幸先良くFC東京さんが先制し、その後何度もチャンスを作り愛媛さんを押し込む展開。

特に前半の愛媛さんはマイボールを効果的に敵陣に運べず、プレイスキックの精度も悪かったため、ちょっと得点のイメージがありません。

ビハインドの中でも、最終ラインでボールを繋ぐ愛媛DF陣は、フォアチェックを交わすような印象で、相手の疲労を誘っているのかと思うほどでした。

しかし、前半はただ蹴るだけだった愛媛さんは後半に入ると徐々にペースアップ。

サイドからの攻撃で徐々にFC東京ゴールに近づきはじめると、遂にはクリアボールのこぼれから見事なループシュートが決まり、同点に追いつきます。

そこからはむしろ愛媛さんが優勢に試合を進めたように思いますが、結局は1-1のままタイムアップ。


アウェイの戦績という昨シーズンの悪癖を引きずるのがJEFならば、FC東京さんもなかなかホームで勝てないという昨年からの雰囲気を払拭できませんね。

以下は他サポの無責任な感想ですので、畳みます。
見る機会が多いですし、一緒に観戦する友人は東京サポですから、どうしてもFC東京さんの布陣や交代の意図を考えてしまうんですが、今回の交代策は愛媛さんを助けてしまった気がします。

谷澤選手はいつの間にか消えていましたし、石川選手は良く走っていましたけれど、まだ個人的な存在感を示したに止まる様に映りました。

SBの椋原選手の投入の意図は解りますが、CBのジェイド・ノース選手が下がるとは思いませんでした。(因みに、ノース選手、豪州代表というから、どれだけゴツイ選手かと思っていましたら、プレイそのものは非常に柔らかかったですね。友人の話では、アボリジニ系のルーツを持つそうで、身長は有りましたが、その動きには、しなやかさを感じました)

この交代により、攻撃時には存在感を示していた右SBの徳永選手がCBに入った訳ですが、それまでも守備面では結構危ないシーンも演出していましたし、実際、その後も右サイド(=愛媛さんの左サイド)を何度も狙われていました。更には、終盤には中盤の底を担った高橋選手の脚が攣っていた様でしたし、スクランブルなら徳永選手をアンカーに配する選択もあったのではないでしょうか。


セザー選手が自陣深くから、逆に前線で必死に走るのが羽生選手と石川選手というのはかなり歪ではないのかという疑問も残ります。各個撃破されやすい布陣を自ら選択してしまったというか・・・。


同じ顔ぶれでも、前線でタメを作れる谷澤選手と、やはり怖いセザー選手を前に置き、羽生選手が2列目で汗をかく。

そして石川選手がサイドから揺さぶり、中央の梶山選手がパスを狙う。


あくまで個人的な意見ですが、この方が怖いだろうなぁ、などとぼんやり考えるのは、やはり潜在的な脅威・昇格のライバルとして意識してしまうからでしょうか?
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する