犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

[5/8(日) J2リーグ戦 第11節:試合総括]栃木が首位の座をキープ。岡山、東京Vは今シーズン初勝利(J公式)
【J2:第11節 鳥取 vs 千葉】レポート:ともに攻撃の課題を露呈も、千葉が土壇場で勝利をもぎ取る。(11.05.09)(J's GOAL)
試合結果

勇人選手のコメントの引用になりますが、チームの目標が「5試合消化で勝ち点10」ならば、そのノルマの達成に必要な勝ち点は引き分けで充分でした。

決勝点となる終了間際の先制点を挙げた米倉選手始め、あのスタジアムでJEFの勝利のために尽力された皆さんの努力を決して否定する物ではありませんし、私自身決勝ゴールには映像に対して絶叫してしまいましたが、最大の勝因は「相手がホームでの勝利を賭けて終盤に勝負に出てくれた」事だと思います。

逆に言えば、「相手がリスクを採った采配を行うまで持ちこたえる」事が出来ると言う事が、少なくとも現在のJEFにとっては最も大切な事と言うか、大前提だろうと考えています。


オーロイ選手という誰の目にも明らかなターゲットは開幕前から注目されていましたが、ゲッセル選手のコンディション不良による副産物とはいえ、伊藤選手のプレイスキックやミリガン選手のロングスロー。

JEFとしてはシーズンを通じて内容云々を高めながらも、個々のゲームでは相手が対策を講じる必要のある明確な武器がある訳です。


その意味では、米倉選手が今回の試合を決定付けたのは巨人が居る故の事だと思いますし、ゴールゲッターを活かす為に囮になったオーロイ選手の動きの方が大きいと言えるとも思います。
偏見ですが、管理人は選手個々のポテンシャル以前に、リーグ中盤まで展開としてはじりじりとする内容が続くだろうと考えていましたし、どれだけメディアが「昇格候補」と持ち上げてくれても、勝ち点を挙げられなければ意味が無いと割り切っています。

当たり前の事ですが、ホームで勝って、アウェイでは最低限分ける。これがチームとして必要なミッションのはずです。

昨シーズンのアウェイでの戦績に対して今シーズンの選手達が気概として「+α」を生んでくれるのであれば、1サポしても大歓迎でありますけれど、イーブンの展開で勝ちに行って沈む姿は見たくありません。


それでも、少なくとも消化試合数が折り返しに至るまでには「誰が出ても守れる」と言う安心感は欲してしまう訳ですが・・・
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する