犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

前回前々回と時系列に基づいて触れましたので、そこで触れなかったことを。


守勢の中、幾つかの中気づいた事がありました。

・奪ったボールからカウンター返しが少なくなった事

度々クリアボールを拾われる事はあっても、ハーフウェイライン手前からのショートカウンターは殆どありませんでした。

その意味では基本構想に忠実であった最終ラインと、勇人選手、伊藤・ゲッセル選手の尽力もありましたが、最終ラインからの展開を突き詰めようとしたFC東京さんの姿勢もあったのかも知れません。

・最終ラインとGK

山口選手と竹内選手の連携は見事としか言うしか無かったですね。むしろ、彼らはピンチに存在感を示していましたし、その後ろに陣取った岡本選手も最後の壁として破綻を来しませんでした。

・ターゲット、オーロイ

これは受け手でなく、出し手に対するものですが、2ゴールに絡んだ岡本選手のフィードも当然ながら、竹内選手のフィードも見事でした。狙って切れてしまったのは、ミリガン選手のロングスローだけだったんではないでしょうか?

・巨人の価値

スローインでは「マーク!マァ~ク!!」と叫びながら、スロワーのミリガン選手に対してはアイコンタクトでポイントを訴えていましたし、それにより先制ゴールは生まれました。

米倉選手へのパスではスペースを保ちながら、長くなりすぎたそれの直後から失敗のジェスチャーをしていましたし、駄目押しのゴールでもラストパスを供給したコータ選手への敬意を表していました。

今までのJEFの数字から信じられますか?6回のCKと23本のFK。これを無失点に抑えました。

CKでの規律にしたがったポジショニングと、壁を体現した身長。8番の価値は得点に繋がるターゲットよりも、途中交代で投入されたゲッセル選手共にむしろ劣勢で活きていたように感じました。

CFWでありながら、得点のみに価値を抱くエゴイストはでなく、この状況の日本に於いて、帰国は不要だったと当然のようにチームに合流してくれる選手であった事に、私は感謝しています。

・右サイド

正直、もう、留学生扱いならもう見たくないですね。実績なら太田、タイプなら久保・コータ。何なら逆サイドに村井選手を置いて深井選手でも良いでしょう。

伊藤選手のフィードを感じられないという以前に、ハイボールの落下点にすら入れないと言う事は、慣れてない、では済まされないのではないでしょうか?

バランスを保とうとした、と言えば聞こえが良いですが、そのポジショニングは全く効果的ではありませんでしたね。

少なくとも、周りとの意思疎通はありませんでしたし、ボールが入ったシーンでも相手の脅威には成り得ませんでした。

リーグ優勝を目標に掲げるチーム内では最低限の評価としても不満で終わるレベルではありません。


特権はグループにとっては害悪です。彼の成長を期待しないとは言えませんが、それを成す為にコータ選手や久保選手が犠牲になるのであれば、さっさと帰国させるべきでしょう。(獲得がサポのガス抜きであったとしても・・・)
・米本選手

フクアリでもホントに嫌な存在感を示していました。ただの戦術的・体力面での交代だったら、私も諸手を挙げて喜んだでしょう。

但、昨シーズン、復帰するための彼の苦闘を知っていました。


国立での天皇杯の準決。チームのピンチを救うために二枚目の警告を受けた姿をその場で見ていました。


それ故に管理人はJ開幕戦の出場停止処分が下された事を理解していました。


そんな彼が、今シーズンを45分に満たない時間で終えてしまうかもしれないという姿にJEFサポながら共感が無かったとは言えません。


今はノーサイド。出来ればJEFサポの皆さんにも米本選手の早急な快復を祈って頂きたい。

それが管理人の願いです。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する