犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 川崎さんからのチャント、仙台さんからのエール【J特】

おはようございます

生憎の天候と言うか、低く厚い雲が物凄い勢いで上空を流れ、豪雨と強風、時折の晴間という難しいコンディションの中、前回で触れた通り、等々力にお邪魔してきました。

【J1:第7節 川崎F vs 仙台】手倉森誠監督(仙台)記者会見コメント(11.04.23)(J's GOAL)
【J1:第7節 川崎F vs 仙台】相馬直樹監督(川崎F)記者会見コメント(11.04.23)(J's GOAL)
【J1:第7節 川崎F vs 仙台】試合終了後の各選手コメント(11.04.23)(J's GOAL)

今回、バックスタンドアウェイ寄りのSゾーンに位置取りましたが、川崎さんは麻生で拝見した時と印象は変わりませんでした。

ホームとは言え、新たな戦術とピッチコンディションからか、ビルドアップ中のミスやノッキングで思うような攻めを見せられない川崎さんに対し、4-3-3(4-5-1)からの守備で迎え撃つ仙台さんという構図で進んだ試合。

試合開始当初、左サイドで姿を良く見せたケンゴ選手が中央から右寄りで存在感を示すようになると、そこからのパスを山瀬選手が右サイドを突破して前半のうちに川崎さんが先制。

風上の利を活かしたカウンターとセットプレーを基調に攻撃を見せていた仙台さんでしたから、これは厳しいかと思いましたし、後半も劣勢が続きました。

後半、風下に立った仙台さんは天候と同様に落ち着かないジャッジに苛立ちを隠せず、疲労と共に配色が漂い始めた様に感じたのですが、そんな中で太田選手が決めて追いつきます。

得点直後から、太田選手は負傷でピッチを退き(脚が攣っただけで大事無い様で良かったです)、同点に追いついてから数分間仙台さんは1人少ない状況を強いられますが、その間にマイボールでもプレーを切らずにカウンターに失敗するなど、かなりヒヤヒヤする時間帯がありました。

何とか事なきを得た仙台さんは、最後には仙台サポさん達の目の前でCKからの追加点で劇的な逆転。

仙台さんの気持ちが勝利を掴んだというべきでしょうし、私も逆転ゴールには立ち上がって叫びました。


ただ、麻生でも感じたように、従来の川崎さんが持っていた無骨さと言うか、弾き返して真っ直ぐゴールに向かう迫力に欠けたようにも思いました。
入場後、川崎サポさんから起こった仙台さんへのチャント。

試合後、仙台サポさんから発せられた川崎さんへのエール。

試合前に行われたエキシビションマッチ。その後の参加選手の場内一周で川崎さんの爆心地から仙台さんのゴール裏へと運ばれたフラッグ。

試合開始前の本当に素晴らしい1シーンでした。


多摩川の 想いを留めし 等々力に 集いし者は 天の川へと 文を届けつ 
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する