犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 開幕戦勝利!(A:北九州戦)【J特】[↑2位]

こんばんは

鬼門のアウェイ、無失点で勝利!

変な表現ですが「外向きの戦い方」で効率よく得点を奪えた結果でしょうか。

条件は彼我共に変わらないとは言っても、ストップで足を滑らせる程のスリッピーなアウェイのピッチは決して戦いやすいコンディションではなかったでしょう。

基準変更があった影響からか不可解なジャッジが多かったように思いますし、更には開幕戦の緊張からか両チームとも硬かった様にも映りました。

3-0と言うスコアの割に内容が良かったようには思いませんが、「勝ち点に内容が付いてくれば良い」と割り切った受け止め方をしています。

あのPKによる1-0だけで終わったら、それなりにネガティブでしょうけど「崩した」とは言えずとも3得点にオーロイ選手が絡んでいますし、無失点でゲームを終えられたのも大きいのではないでしょうか。また、交代枠もしっかりと使い切りましたし。

特に、助っ人の二人、ゲッセル・マットの両選手はイマイチどころかイマサンの出来でしたから、そこを梃入れせずに追加点を奪えた点は良かったのかな、と。

J2全体を見渡しても、開幕戦はアウェイチームの勝率が非常に低かったですし、JEFにとって久しぶりの開幕戦勝利。プレイやシーンのピックアップは次回以降として、まずは結果に喜びます。

最後になりますが、冷たい雨の中、遠地のアウェイまで遠征された現地応援組の皆さん、お疲れ様でした。

そして、ありがとう!おめでとう!
・・・現地に行かずとも、やはり、一回では〆られませんね。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ちょろ様

> 開幕戦という事もあるのか、30人程の千葉サポが集まりお店は満員状態。

やはり、皆さんも心待ちにしていたんですね

> 料理は「牡蠣の茶碗蒸し」・「ブリの南蛮漬け」・「明太子のサラダ」・「トンコツ茶漬け」・「苺のムース」あとはソフトドリンク2杯です。
> ちなみに観戦料金は2000円です。

お店によって色々なシステムがあるんですね。PUB形式のお店の体験しかないので、ちょっと気になります(笑)

> 得点をするまでの千葉サポの嘆きは相変わらずでした。
> 「あの場面はクロスだろ」とか「すぐにボールを取られるな」等、叱咤激励がありました。

そういった光景は結構想像できますね。

> 1得点目を挙げたて歓喜の瞬間が訪れた時は全員が拍手をし余韻に浸っていました。
> 3得点目以降はもう余裕モードで嘆きが一切ありませんでした。

私も2点目でかなり落ち着いた気持ちになれました。

> 勝利した事により、ビールは300円で振る舞っていました(僕は飲みませんでしたが)。
> 勝利インタビューを見てからすぐに帰宅しましたけど、おそらく残ったサポで談義をしていたのだと思います。
> 開幕戦は03年以来の勝利だそうで、相手にも恵まれた感はありますけど勝ちは勝ち。
> 勝利にサポーターは喜ぶ姿はやはり何回見ても嬉しいですな。

自然発生的に起こる祝杯も良い物です。特に昨シーズン散々肝を舐めさせられたアウェイ、ここ数年勝利が無かった開幕戦では尚更でしょう。

皆が笑顔で帰れる結果を本当に望みます。

コメントを分けてまで試合についても触れていただきありがとうございます。

申し訳ないのですが、それについては、次回のエントリでお返事含むとさせて下さい。(私も現地にいなかったクチなので・・・)
今度は試合に関してコメントします。
オーロイがまさに巨人となってチームの全得点に絡む活躍を見せてくれたと思います。
今季の千葉はペナルティエリアであのような場面が増えるだろうし、審判次第では相手のDFはオーロイに対して容易にファウルが出来ないでしょう。
この試合に限れば、3得点目でオーロイと競ったDFがすごく悔しい表情が伺えました。
欲を言えばこのようなファウルの場面が増えるならうまいFKの選手がいたらもっと生かせると思いますが、現時点では必要不可欠とまではありませんのであくまでオプションという考えではあります。
不安点を挙げれば、カードをもらうシーンで激昂した事かな。
今後はいかに気持ち良くプレーに集中させられる事がオーロイを生かす戦術の一つだと思います。
次節に対戦する湘南の選手や監督もオーロイに対して挑戦する姿勢がありますが、今後もこういうコメントが多く起きるでしょう。
オーロイのJリーグ参戦は日本サッカーにとってもかなり貴重な経験になるので、改めて日本に来日してくれて良かったなと思っています。

他の選手に関してはマットを初めて見ましたが、スリッピーのピッチ状態もありますけどよく転ぶ印象ですね。
個人的にはあまり良い印象は少なかったかな。
あとは岡本が良かったですね。
枠内シュートをしっかり防いで、無失点に抑えた守備のMVPだと思います(キック制度は相変わらず良くないですが)。

チームとしてはインターセプト気味にパスカットを多く狙っていた感じで、奪えれば得点チャンスの確立が増えますけど、失敗すると失点する確率も高くなるだけに今後はどうするかに注目かな。

この日の審判は非常にカードが多くて両チームで7枚ですから試合を掌握出来なかった感じですが、今年は腕に関して厳しく見ているなという印象です。

勝利したけど、当然ながら課題も多く出た試合でしょう。
今年のチームは選手や監督もコメントしていますけど、守備は概ね満足しているからあとは攻撃。
そうなると、今後は先制された時に逆転できるかが課題として浮上するかもしれません。
去年とは完全に真逆のパターンです。
あとは控え選手がもう少し活躍できれば完璧ですが、少ない時間でいかにアピール出来るかが生き残りのカギになるでしょう。

今回は相手に恵まれたという事もあり、スコアは3-0ですが「快勝」より「勝利」というのが妥当な線と見ています。

今回は長めにコメントしましたがいかがだったでしょうか?
ちなみに湘南戦はフクアリ生観戦の予定です。
こちらは応援の方にも注目したいと思います。
今回は以上です。
お付き合いいただきありがとうございました。
まずは観戦したお店の様子についてコメントします。
開幕戦という事もあるのか、30人程の千葉サポが集まりお店は満員状態。
おいしい料理の堪能しながら、試合を観戦しました。
料理は「牡蠣の茶碗蒸し」・「ブリの南蛮漬け」・「明太子のサラダ」・「トンコツ茶漬け」・「苺のムース」あとはソフトドリンク2杯です。
ちなみに観戦料金は2000円です。
得点をするまでの千葉サポの嘆きは相変わらずでした。
「あの場面はクロスだろ」とか「すぐにボールを取られるな」等、叱咤激励がありました。
ただ、それだけ集中して試合を見ている表れでもありますからバランス良く見てほしいですね。
1得点目を挙げたて歓喜の瞬間が訪れた時は全員が拍手をし余韻に浸っていました。
3得点目以降はもう余裕モードで嘆きが一切ありませんでした。
勝利した事により、ビールは300円で振る舞っていました(僕は飲みませんでしたが)。
勝利インタビューを見てからすぐに帰宅しましたけど、おそらく残ったサポで談義をしていたのだと思います。
開幕戦は03年以来の勝利だそうで、相手にも恵まれた感はありますけど勝ちは勝ち。
勝利にサポーターは喜ぶ姿はやはり何回見ても嬉しいですな。
ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する