犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • インテル アウトサイド

こんばんは


昨晩、アジアカップで活躍した日本代表の選手達が各局のスポーツニュースから姿を消し、暦が変るような時間に「長友、インテル?」という情報が流れ始めたように思います。

ウェインドウが閉じる直前でしたから、リストアップ程度ではそこまでの騒ぎにはならないだろうと思いながら、


一晩明けてみたらイタリアから大ニュース。


Davide Santon è del Cesena, Nagatomo all'Inter(Cesena公式)
Yuto Nagatomo joins Inter (Internazionale公式)
Nagatomo: "Happy to play for Inter" (Internazionale公式)


無尽蔵のスタミナに支えられたアジアカップでの活躍を見れば、有名クラブへの移籍が成立しても不思議ではありませんが「まさか、あのインテル!?」と言う驚きは当然ながら抱きます。



私が彼を最初に意識したのは、北京五輪アジア予選だったように思います。本当に「今は昔」ですが、当時はJEFの若き才能が二人も主力として活躍していた五輪代表。既に勝ち抜けを決めていた消化試合と言うことで右サイドに起用されていたのではないでしょうか?


試合内容はあまり記憶に残りませんでしたが、「よく走るなぁ」という印象は残っています。

上背は無いけれど、細身の水野選手と比べれば明らかに太い体幹。そこに運動量が加わるとなれば、守備的な戦いが想定される国際大会です。下手したら、そのまま喰われるんじゃないか?と考えていた事を思い出します。(まぁ、本大会前には我らの8番は五輪本大会前のオフに海外へ旅立ってしまいましたけど…)


確か、その年の天皇杯にも明治大学の主力として東京都代表で出場したような記憶が。


そして、翌年。気が付けば、FC東京さんの選手としてしっかりとピッチに立っていて「この人はシュートもある!」って最終節のフクアリでゴール叩き込んでくれて。


その試合で、良太選手のクロスに対して巻選手と競り合ってくれなければ、個人的にはもう、レナチーニョ選手と同程度には忘る事が出来なくなる選手だったかもしれません…。


大学までを無名で過ごし、五輪代表~A代表。WCを経て活躍の場を海外へ移し、アジアカップでの活躍でビッグクラブへの扉を開く。


ボンバーとはまた異なる立志伝。(エジさんとの関わりはあったにせよ)JEFに直接関わった選手ではありません。しかし、それをリアルタイムで見る事が出来るのは、やはり嬉しく思います。


東京サポの方、代表サポの方、今回始めて同選手を意識された方。皆さんの想いはそれぞれ異なるでしょうが、再び新たなスタートを迎える長友選手。恐らく、本人が加入だけでは意味が無いと最も感じているでしょう。
お気づきだと思いますが、今回のタイトルは「intel inside」からの本歌取りです。

タイトルでは少々遊びましたが、一人のフットボールファンとして、日本人として。そしてスタンドからブーイングを浴びせた身としても、長友選手の彼の地での成功を願っています。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する