犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは


久しぶりにJ1の試合を楽しませて頂きました

味スタでのFC東京vs大宮戦。
等々力での川崎FvsG大阪戦。


いや、当然JEFの試合がいちばん盛り上がるわけですが、やはりフラットな視点で試合を見る事も大事ですよね。


前者はJ1残留争いとなる直接対決でしたし、後者は上位を目指す両雄の戦い。


まずは味スタの感想ですが、決めるべき時に決めないと、こうなっちゃうのか…、と。特に前半はホームのFC東京さんのペースだったと思います。結果論ではありますが、そこで生まれたチャンスを東京さんはゴールに出来ませんでした。

後半に入ってもポストにゴールを救われる等、ツキがあったはずなんですが、クリアボールが事故のようにエースの足下にこぼれた事で、被弾をしてしまいました。


確かに残念な失点でしたし、時間帯としても厳しい失点だったと思いますが、そこから気を吐けなかったことが、今の順位なのかなぁ、と言う印象です。時間が進むにつれてピッチ上の選手達はバラバラになっていくと言うか…。


今回の同道者はFC東京のサポでしたから、失点後、残りの20分程度は本当になんともいえない雰囲気で過ごしました。



で、気を取り直して等々力に向かった二人ですが、こちらは畳みます
誤解を恐れずに言えば、個人の傑出したスキルを前面に出した川崎さんと、スキルを連動させたG大阪さんと言う印象です


同道者と共にどちらを応援するでもなく会場入りした訳ですが、ケンゴ選手のスタメン落ちを知り、「3-1でG大阪」と単純に結果予想をしました。


蓋を開けてみると、一進一退の大熱戦でしたね。


連動の中で相手ゴールに迫るG大阪さん、対照的に走力と迫力で相手ゴールを脅かす川崎さん


お互いの持ち味を生かした1-1の前半。


たまたま2試合生観戦した私の偏見かもしれませんが、勝負を分けたのは集中力だったように感じます。


CKとジャッジされてもおかしくなかった川崎さんの攻撃がGKの判定。抗議と不満とで付いていくべき相手をフリーにしてしまいました。そのプレーで生まれたゴールが結果的に決勝点となり、G大阪さんの勝利。


実は味スタでもゴールと判定されてもおかしくないワンプレーがゴールとならなかったシーンが大宮さんにありました。その直後の流れの中で、CBが若干無理な体勢ながら、GKに手で触れていいボールを返したんですね。


まぁ、私の応援するチームはJ2の現在4位のチームですから、現在は今回の4チームとは何の関係も無い訳ですが、大宮さんが毎シーズン残留を果たしていて、川崎さんがタイトルを取れないひとつの理由を見た様な気がします。



その辺りに関しては今後の状況で触れることがあれば触れたいと思いますが、現在のJEFの状況だと厳しいかもしれません。


ただ、G大阪は遠藤選手だけのチームではなく、川崎Fもケンゴ選手だけのチームではない事を改めて認識させられた攻ゲームでした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する