犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

早速、前回の続きから

市原市役所選抜の方のご挨拶時のお願いで「Win by All」コールのあと行われたフレンドリーマッチ2試合。どちらの試合も子ども対大人のフルコートマッチでしたが、選手達も観客も本当に楽しそうだった事が印象に残ります

日ごろ、どうしても激しい闘いばかり見ているですが、このときばかりは、「いい風景だなぁ」と心底感じました。スポーツって観戦だけでなく、やって楽しむものですよね。そういった意味で、「この街と共にJEFがある」というスローガンを改めて感じたひとときでした

そうは言ってもエースケさんの飛び出しや飛込み、スタッフの皆さんのボール捌きや走り込みとか、さすがは「往年の名選手」といった技術と「勝ちに行ってしまう選手の習性」を感じました。姉崎中の選手の皆さん、同世代だったら1プレーの上手さでは、今回の経験より上の選手ってあまりいませんよ。大会頑張ってください。そして、怪我のないことを祈っています

その後、市原市長、三木社長のご挨拶を経て選手スタッフの方との集合写真撮影。(私もどこかに写ったはずです)撮影終了後には挨拶で使われた「謝」の名刺を社長から頂いた後、どさくさにまぎれて酒井道代さんのサインまで頂きました。酒井さん、そして常連の皆さん、ありがとうございます

その後はサポさんたちと話をしながら選手の出待ち。練習風景を試合のアップ以外で見ることは初めてだったので、すごく新鮮でしたし、見つめる雰囲気にさえ緊張しました。報道渦中の昼田さんも普通にピッチに立っていらっしゃいましたね

こういうとき、ベンチ入りしていない選手に目が行ってしまうのは私の習性でしょうか。アクリル板を使ってのセーブ練習ではスコスコと抜かれていた島津選手がシュート練習では素晴らしいセーブを連発。タイミング計れるミドルシュートにはめっぽう強そうな印象です。一方、紅白戦途中までは待機状態の益山選手。交代出場してからのプレーには磐田戦の後遺症は感じませんでした

そして、ダウンが始まるころに行われたモオノキの閉店セレモニー。最後のお客がキッズだったこともあり、皆さん拍手で最後のお客様をお見送りして…。店長さんは恥ずかしさよりも寂しさが勝っちゃったように思います。いつも通り店じまいして、その後閉店としたいみたいでした

シャッターを下ろす前に三木社長のご挨拶では
 ・盗難被害に一回もあわなかった事
 ・落書きが一回も無かった事
に、感謝の言葉を述べられました

進行さんからは、このオフィシャルショップは外装のペンキ塗りからエアコンの引き込みまで三木社長の手作りで、クラブ関係者から「ミキハウス」と呼ばれていた事のご紹介がありました

最後には全員のカウントダウンと共にシャッターが降ろされ、その間のモオノキは三木社長ともども皆さんのフラッシュに照らされて、本当に輝いていていた事をお伝えしておきます

楽しかったひとときもこれで終わり。帰り際、お礼を述べられるクラブスタッフの方に「ありがとうございました」とお返しすると、「ユナイテッドパークにも是非来て下さい」と仰られるので「勿論です!」とお返事して、姉崎を後にしました

今まで、私はこの手のイベントに積極的に参加していなかったのですが、最初で最後(になるであろう)姉崎に脚を運べて本当に良かったです。試合開始前のスタジアムの緊張感とは違った楽しさを満喫できました。ありがとう、姉崎。お疲れ様、モオノキ

追伸:最後になりますが、開会前のクリーン作戦に参加された皆様、いつも本当にありがとうございました。当日に知った私は結局参加できずじまいで申し訳ありませんでした
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する