犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 折り返してみて【J特】

こんばんは


柏戦を終えて、シーズンは折り返し。予告しましたので宿題と言うか、まぁ、個人的な感想を少々。

折り返して3位
 主導権を握っていると言うにはは程遠い訳ですが、スタートダッシュに失敗した上で、折り返し時点で3位というのは有りだと思っています。(最悪、開幕3戦勝ち無しならスタートから大問題となったでしょうし)

・得点も3位
 無得点はホーム札幌戦のみ。得点の多くは監督が標榜するスタイルでは無いと思いますが、スタジアムに通って歓喜があると言うのは、やはり楽しいですよね 。

・失点は下から8位
 相手に研究されていると言う事も有るんでしょうが、やはり、ここがネックでしょう。失点を得点でカバーできるほど圧倒的な攻撃を見せている訳ではありませんし、似たような形での失点が多い事も気になります。


柏さんとの勝ち点差12は、そのまま敗戦数が勝てていれば、と言う差です。まぁ、あちらさんが鉄板過ぎる事を差し引いても、リーグを通じて柏さんは上位にいるだろうと、なんとなく考えていました。残留争いの中でも昨シーズン中には監督の続投を早々と決定し、クラブとしてのチームの建て直しと言う点では遥かにJEFの先を行っていますし、若手選手の台頭と石崎体制の主力選手の放出を考えれば、向っている先がハッキリとしているように映ります。


シーズンの目標からは外れますが、JEFとしては甲府さんとの勝利数3、勝ち点差8の差を当面の目標とせねばなりませんし、試合数が少なくなっていく中ではむしろ、福岡さんとの勝ち点差2、熊本さん、鳥栖さんとの勝ち点差3とどう付き合っていくのか、と言う点の方が重要になってくるのではないでしょうか?


とはいっても、私は(ここまで資金を注ぎ込まないなら)一年での昇格を命題にしていなかった訳で、いわゆる「危機感が足りない」のかも知れませんが。


さて、フットボールですから、攻撃する為にはどこかでボールを奪わなければいけない訳ですが、その奪い方と、失い方。特に後者に対しては不満がを持つ方が多いように思われます。

相手陣内の狭いスペースに3人~4人が集ってボールを回し、サイドチェンジはおろか、クロスすら上げられずにカウンターを浴びる。

守るときには必ずヒヤヒヤして、失点はアッサリ。逆に攻めているときには得点のイメージが湧かずにモヤモヤする。それが顕著に表れたのが札幌戦後のブーイングであり、柏戦後の落胆に繋がっているような気がします。


少々長くなってしまいました。残りは次回以降へと続きます。
最後になりますが、スタジアムDJの蒲田健さんが、JEFサポーターに向けてメッセージを送って下さっていますので、ご紹介します。

ジェフサポーターの皆様へ(蒲田さん公式)

単純に全てについては「その通りですね」と、素直に頷ける訳ではありませんが、終わりに書かれている事については、全く持って同感です。改めて以下についても触れておきます

7月18日(日) コンサドーレ札幌戦での暴力行為について
コンサドーレ札幌戦 試合終了後に関して

試合内容に関わらず、と言うよりはむしろ悪い試合内容のときにこそ、敗者として襟を正す必要があるのではないでしょうか?


無論、フクアリに通っている全ての人が、では無いんですけど、報道されれば世間的からは「JEFのサポーターが…」であり、似たような問題を繰り返せば近いうちには「またJEFか…」と言われかねないと思います。


むしろ、昇格降格以前の大問題だと受け止めていますが、皆さんはどうお考えでしょうか?
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する