犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは


少々前になりますが、ウルグアイ-ガーナ戦のハンド


批判や非難を覚悟の上で、私は肯定的に受け止めます


少なくとも、このファウルより素晴らしいと思います
私は常々ファウルには二種類あると考えています

・チームを間違った方法で助けた違反
・選手を間違った方法で傷つけた違反

どちらもゲームにとっては大きな違反ですけど、やはり、より後者に大きなペナルティーが与えられるべきだと考えています


そして、恐らくですが、前者の違反は自身の出場機会を失わせる上での違反であると受け止めると思うんです

フクアリで、負けてはいけない試合の終了間際に茶野・良太・ミルジーが、同様の反則を犯したとして、私はブーイングを飛ばせないだろうな、と感じています。


皆さんは彼のハンドに関して、どう受け止めていらっしゃいますか?
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

> その時は良くても、いつかはそれ相応の報いが来ると思います。
> それがどういう形で表わされるかは、人それぞれですけど。

私は単純に出場停止が一試合か二試合か、程度の認識でしたけど、ちょっと深い言葉ですね。
確かに、彼が今後アフリカ大陸やガーナで報復行為を受けかねないと言う可能性は否定できませんが…。

> 少なくとも僕は仮にジェフで同じ事が起きたとしても賛辞は送れませんね。
> こういうのはキチンと素直に過ちを認める事を考えるべきです。

私個人は過ちと解かって、罰を受けることを覚悟の上で行った(或いは必死で自然に行ってしまった)行為、と言う受け取り方をしました。退場後の様子から見ると、後者なのかもしれないな、とは感じ始めていますけど…。


ただ、JEFに例えるなら最終節、失点したら昇格が無いゲームでの後半ロスタイム、JEFの選手があのプレーをしたとしても、私はエールを送ると思います。

ペナルティーエリア内のハンドリング・得点機会阻止のあのプレー。私は「過ち」ではなく「反則」だと捉えているからです。

審判に見えないように相手のキープレーヤーを削る、隠れて肘撃ちする。そう言うものとは反則の質が違うと受け止めているからです。

得点機会阻止のために行ったハンドと言う行為に対する意識の違いだろうな。とは考えますから、お互いにとって理解とか納得は難しいなぁ、とは思っています。

ただ、頂いたコメントにお返事をしないのは失礼だと考えますので、お返事をさせて頂きました。
繰り返しになりますが、コメントありがとうございました



その時は良くても、いつかはそれ相応の報いが来ると思います。
それがどういう形で表わされるかは、人それぞれですけど。
少なくとも僕は仮にジェフで同じ事が起きたとしても賛辞は送れませんね。
こういうのはキチンと素直に過ちを認める事を考えるべきです。



ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する