犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
  • 【訂正】技術と体格

こんばんは。

昨晩から今朝にかけては草稿がそのまま見えてしまうという恥をさらし、失礼致しました。
(眠気に負けたこともあり、どうもブラウザがきちんと落とせなかったらしく…そのままOSシャットダウンに入ったため、全く気づきませんでした。ちゃんと確認しないとダメですね)

さて、ミスはミスとして気を取り直し、本論へと参ります

前回、JEFの選手とその戦術は泥沼でない、と大口上を申し上げてしまったので、今回はまず特徴的な選手から

ルーレットしてゴールを決めた深井選手、巻選手からボールを奪い取るようにしてゴールに繋げた工藤選手。彼らは決して下手な選手ではありません。むしろ、ボールタッチでは上手の部類に入ると思っています

競り合いやコンタクトプレーでのボールの競り合いで、工藤選手、深井選手にもう10センチのリーチが許されたなら…、私はフィフティフィフティのボールを奪われるたび、そういった想いをなかなか捨てきれません

相手を体でブロックしても、体越しに脚を伸ばされて、ボールに触られてしまう姿、その後そのボールを奪い返しに追いかける姿には感嘆と、応援と、少しの無念さを感じています

技術がないから奪われるのではなく、体のサイズやリーチの違いでボールを失う機会が増えてしまっているのです。せっかくのチェイスで奪ったボールを味方に預けようとして、奪われる。そんなシーンに何度、歯噛みをしたことか

ましてや、彼らが切り替えでボールに触る時、ボールゲットからチーム全体がカウンター発動の場合が多いので、ピンチに繋がり易い。その点でも印象に残りやすいですしね

せっかく前に行ってからも周りの追い越す動きが少ないため、パスをカットされたり体ごと潰されたり、そんなシーンが目に付きます。でも、それでも毎回起き上がって体格を補う抜群の走り出しでチームに貢献しています

でも、もし相手ゴール近くで彼らの献身的な運動量に、谷澤選手やネット選手のキープ力が加われば、課題のフィニッシュだってきっと生み出せるはず。

さらに新潟戦にはベンチ入りできなかったアレックス選手の運動量と技術が組み合わされば、ボールを奪いに走る下村選手の闘志、どんなボールにも飛び込む巻選手の魂も相俟って、選手達はきっと我々を燃え上がらせると思うのです

分析、というより私の願望と期待ですけれど、ひとまず、ここまでが選手編です
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する