犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

カレンダー

DMM.make DISPLAY DMM.make 3Dプリント
こんばんは

いつものように前回は喜びだけだったので、今回は冷静に振り返りをしてみます


今シーズン、フクアリでは全勝のJEFですが、幣ブログでは勝つ度に得点は「個人の力に負うところが大きい」「崩していない」と小言を述べてきました


換言すれば、選手の個人の能力で得点を挙げてきたJEF。特に倉田選手は現在のJEFで最も得点を感じさせる選手(異例の速さでチャントが作られた事はその証明でしょう)

対する富山さんは基本4*2のブロックで守備陣系を形成し、バイタル~ハーフウェイライン手前では2-3人で倉田選手を囲んでいたように見えました



攻守の狙いがはっきりとした展開のまま、先に歯車のズレを表したのはJEFだったように思います。工藤・勇人両選手には(サボっていたようには映りませんでしたが)いつもの運動量というか迫力を感じませんでしたし、両SBはハーフウェイラインを越えて上がってきても、預けられたボールを出した後、追い越す動きが時間とともに見られませんでした(渡邊選手には疲労、鎌田選手には躊躇をそれぞれ感じたのは偏見でしょうか?)


福元選手が与えたPKや、その後の逆転については多くの方が触れられています


処理が曖昧になり、苔口選手が奪ったボールを追いかけた福元選手。そのまま2人はペナルティエリア内でもつれ合った形で倒れ、PKの判定。削ったとか引き倒した様には見受けられなかったのですが、ボールロストした選手が奪われた選手を後ろから倒してしまった訳ですから、当然と言えば当然の判定でしょう。これを黒部選手がキッチリと決めて、後半も残り時間を気にする段階で富山さんの先制


そこからの逆転は述べる方が難しい気がしますから、ちょっと観点を変えてみます


改めて見直してみると2得点ともCKからの流れなんですよね。まぁ、確かに2点目はCKが流れたスローインですけれど、技量や個人能力にしても、全く得点の匂いがしないといわれたセットプレーから得点が生まれている事。これは評価していいと思います


もう一つ言えば同点の後、富山さんがCKのキープに入った事。アウェイで押される展開の中、あの選択が追い風になってくれたと思います


押している展開で何度もあっさりと失点するシーンを私は消せていませんでしたし、何よりもJEFの2人のCBはあの時点で警告をそれぞれ一枚貰っていました。激しい接触やポジション争いが憚られる大ピンチの状況で、彼等は安全策を取りました(それ自体に、可否を述べるわけではありません)


ただ、そのシーンを見て間違いなく「助かった」と思うよりも「絶対に勝ち越せ」と感じた私がいました。心配性の私なんかよりも皆さんは追いついた時点で勝利を信じていたのかもしれませんが…


つまり、CKの姿勢(一つはコータが身体を張って獲ったんですよ!)が勝負を分けた試合だったのかなぁ、などとぼんやり考えている管理人です


成長と言うか進歩について、一つだけたたみます
畳んで置いて申し訳ありませんが、JEFの選手についてではありません

フクアリで毎試合のチアパフォーマンスを疲労してくれているジェットスフィーン。そのジュニアメンバーについてです。


従来は小さなお子さん達が多く、ジェットスフィーンのお供(保護者の方、関係者の方々、ゴメンナサイ)といった印象が強かったジュニア達ですが、個人的には岐阜戦辺りから、そのパフォーマンスに驚いています。

最近、大きな子達が多いように見受けられるジュニア。フラッグが交差するパフォーマンスや列毎に規則的に変わっていくチア。素直に拍手が出ていますね


ジェフィの動きのキレも昨シーズンよりキレている印象がありますし、是非、選手入場前のジェットスフィーン達のチアパフォーマンスにも注目して欲しいです
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する