犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 零と壱と[J2第11節:甲府戦@中銀スタ]

こんばんは

勝利した訳ではありませんが、家路の気分は悪くない、以上のものがありました。


お互いにメンバーを大幅に入れ替えての布陣でしたが、開始早々に左サイドを突かれての失点。

逆サイドでも同様な対応は見られましたから、システムや陣容は兎も角、現状のこのチームは気持ちで後手に回ると、全てが廻らなくなってしまう、言い換えると、凌いだり逃げたりする選択がないという現状を目の当たりにさせられた内容でした。


その後は展開から、相手が歩調を少し後方に緩めてくれたこともあってか、ボールを回す事は出来ましたが、決定機無く前半終了。


流石に雷が落ちるであろうと思われましたから、後半は、開始早々から積極的な姿勢を示しますが、そこは相手も織り込み済み、という対応。

それが、「これは、有るな」と思えたのは、私が残り時間を気にする以前から始まった、甲府さんの対応からでした。


お互いに理想と現実の乖離の狭間で苦しんでいるジレンマ。


そんな中で優位を獲った甲府さんの、GKの時間稼ぎ。

そのプレイに批判や非難はありませんし、もしかするといつもそうなのかも知れませんが、「苦しい」という印象を我々の眼前で示し続けてしまった。


それ故、チャンスと見ると、時間を消費せず、試合を決める追加点を奪いたかったアタッカー陣とのギャップが悪目立ちし過ぎてしまった様に感じます。


確かに、2点差になってしまえば、我々は折れてしまったのかも知れません。


ただ、好機を掴めそうで掴めないながら、2点差にはさせない、それだけは出来ない、という頑張りを、JEFの選手達は、いくらかの幸運と共に、示し続けました。

戦い方が稚拙だとか、割り切りが足りないとか、色々な不満がありながら、スタンドにいる我々は相手も苦しい事が解っていた。

だから、帰りの足を気にしながらも、最後まで応援が、続いたのかも知れません。


普通の精神状態なら、あんな状況でGKから始まる同点劇は生まれないでしょう。

ホームなればこそ、テンパっている相手を傍目に、やる事をしっかりやり切るでしょうし、それが出来ない展開でも無かった筈です。


アウェイ全敗のJEF。ホーム初勝利という命題に縛られていた甲府さん

試合前、この時期の対戦を悪くないと捉えるしかないと書き起こしました。


背負わされた物が何れにとって重かったのか、それは解りません。

ただ、アウェイで惨敗を喫し続けてきたJEFの方が、敗戦そのものに対しての圧力は少なかったのかも知れない、とは思う管理人です。

見事なボレーと、ボテボテのボール。

時間帯もエンドも違えど、どちらも我々の眼前で生まれたゴール。


後者に価値を見出せるのは、連休初日に脚を運んだJEFサポーターの特権。

アウェイ全敗、という呪縛は、漸く、解き放たれました。


スタンドに集った皆さん、おめでとう!ありがとう!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する