犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 荒天で先制すれども[J2第8節:金沢戦@石川西部]

こんばんは

相手のペースで進んだ前半を凌ぐと、降り注ぎ始めたのはなんと大量の雹。

みるみる白くなるピッチに不安を抱きましたが、後半開始早々に船山選手の先制点。


しかし、その後は相手のプレスに苦戦。

鳥海選手、溝渕選手と若い二人から立て続けに失点を許すと、最後は狙い通りの3点目を失って、万事休す。


連敗そのものよりも、止まらない失点が気掛りな結果が続くこととなりました。


監督は「メンタル」を口にしますが、それを生んでいる最大の原因も指揮官の選択。

昨シーズン同様、特定の選手への期待だけでなく、2017シーズン終盤に結果を残した「容」をあっさりと捨ててしまった事が、指揮官自身が説明できない状況を引き起こしてしまったのでしょうか?

タイムアップの笛の直後、颯爽とスタンドを後にした理由は試合内容だけではありませんが、流石に、クールビズの雰囲気を感じざるを得なかった管理人です。

スタンドに集われた皆さん、お疲れさまでした。
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する