FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 口コミ[J2第5節:讃岐戦@フクアリ]

こんばんは

4戦未勝利の千葉、ホームでイヤな流れを断ち切れるか(J公式)
プレビュー

動員という側面から考えれば、修辞にも頭を悩ますのでしょうが、現実は「未勝利」という表現が烏滸がましい様な、「1分3敗」。


それをどう捉えるのかは個々人の裁量ですが、個人的には現状が想定できなかった訳でもありません。


昨シーズンの選手起用に見られたように、細かい理由はともあれ、名を示せるのは「指揮官の納得」があった選手から。

その意味では、肝入りや補強の結果と雖も、今シーズン新加入の選手は「新入り」でしかありません。

極端な(と捉えられる事が多い)戦術、亜州に生まれ、伊州西州の風習に育った指揮官とのギャップを埋める事が容易で無い事は、昨シーズンを通じて観ていれば、ある程度の想像は出来ました。


仮に野菜に例えるのであれば、同じ素材を使っても、「塩揉み」「浅漬け」「古漬け」とある様に、馴染むにも時間が掛かりますし、その素材が一番活きる漬け方、まで考えれば、「お品書き」が定まるにはある程度の場数も必要でしょう。

また、折々の旬を選択しているのか、特定の素材をメインにしたいと考えているのかによっても、コースの評価は変わってくると思います。

そして、良くも悪くも、そういった世界で生きてきた頑固親父が腕を振るうのですから、厨房に立たない客の好みなど、あまり気にしないのでしょう。

現状ではコースのコーディネイトに問題があると捉えていますが、副菜たるべしと思っていたメニューが実は堂々のメイン、という可能性は否定できませんから、ここに関しては、もう、通い続けて毎度食べきるしかない、というのが一人のサポーターとしての心情と割り切っています。


ただ、漏れ聞こえてくる声からすると、「対価に見合わない」という評価は厳然としてある訳で、自身の厨房を守るためにも、客を唸らせるひととき、或いは、メニューの中で印象に残る逸品が出せるかどうかという状況に陥っていることに違いは無いと感じます。

予報では、暑さ寒さが終わらないお彼岸となりそうですね。

それならそれで、凍える身体に暖を取らせるような、そんな試合に期待したい管理人です。


それでは、皆さん、フクアリで!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する