犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 得点と失点[J2第1節:東京V戦@味スタ]

こんばんは

一人少ない中、終盤に劇的な同点弾、の後、突き放されての敗戦。

退場への判定そのものに特に不満はありません。身体を右に左にと振る相手に背走しながら手を出している訳ですから、時間帯を考えても、贔屓目な表現をしてもヴェテラン選手の対応としては「最低」でしょう。

ただ、それが赤なら、という意味での不満が無かったかと問われると、それはまた別の話なのかもしれませんが…。


ちばぎんのレビューが為せていませんから、あまり堂々と言える訳でもありませんが、「まぁ、こんなもの」というのが正直な気持ちですし、あれだけ苦労して点を獲った訳ですから、その後の失点の淡白さには、残念さの方が勝ります。


早々に下げられた也真人選手、剥がす事よりも競り勝つ事の煽りを受けた為田選手、スクランブルでSBに回された茶島選手、皆がそれぞれイレギュラーな対応を強いられました。

確かに、80分以上を一人少ない戦いを強いられた訳ですから、手ぶらでは帰りたくなかったという想いも強いです。

しかし、「ボールを持っても点が取れない」という課題はちばぎんから変わっていないとも受け取れますから、ヒールで剥が事よりも、走る走らせるを繰り返した方がスッキリとしたのではないでしょうか?

打ち合いに持ち込みたかったのであれば、精度に助けられたとはいえ、得点機会そのものは相手が遥かに上回っていたと感じました。

救いは、緊張する様な時間的な余裕も無く、デビューを果たした鳥海選手が、脚を攣らせながらも、最後までプレー出来たこと、でしょうか。

それでも、今シーズンもまた、起用法に対する疑問と我慢は続くのであろうと考える管理人です。


味スタに集われた皆さん、お疲れさまでした。

関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する