FC2ブログ

犬魂一笛

ジェフユナイテッド 市原・千葉を中心にフットボールについて綴ります

 

  • 驚き、期待、別離

おはようございます

小島 秀仁 選手 ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍のお知らせ(愛媛さん公式)
小島秀仁選手加入のお知らせ

グッピー、エーコと入れ替わるようにしての加入発表には驚かされました。

何せ、このところの愛媛さんの一方の顔であった選手ですし、務めるポジションから、定位置争いは激戦。

それを込みで加入の決断を為したのでしょうから、その意気にも期待します。

自らを「遅咲き」と語る漢の姿を、フクアリで示して欲しいと思います。

契約更新選手のお知らせ

良くも悪くも、能力に疑いは無く。課題は、やはりシーズンに一度は起こりうる、離脱。

編成からして、2018シーズンも右サイドが主戦場となるのでしょうが、走力以上に、フルシーズンを戦えるか否かが気になります。

頼むよ、真希!

増嶋 竜也選手 ジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍(柏さん公式)
増嶋竜也選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ(仙台さん公式)
増嶋竜也選手加入のお知らせ

御実家については初めて知ったのですが、この選手ほど、「最寄」という言葉が似合う選手も珍しいですね。

獲得の意図が、オールラウンドなDFのバックアップなのか、CBの一翼なのかが気になるところ。

改めてそのキャリアを眺めると、意外にもフル稼働できているシーズンは少なく。

それだけに、故郷に錦を飾るような活躍を期待します。

茶島雄介選手 ジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍のお知らせ(広島さん公式)
茶島雄介選手加入のお知らせ

広島さん期待の選手が、期限付き加入。

コメントからは「武者修行」の感が強いですが、年齢からすると、そう簡単にいえるほどの若さでは無く。

オファーに至る経緯は兎も角、その決断は自らのもの。

JEFに何を期待し、JEFで何を示すのか。

加入の驚きに劣らない、存在感を示してくれることに期待です。

契約更新選手のお知らせ

ポジションからして、公式戦出場「0」というのも已む無しですが、実際のプレーを見ていない以上、喜んでいいのかどうかも、判然とせず。

GKとは雖も、大卒選手である以上、年齢的にもこのままでシーズンを終えたくはないはず。

まずはどこかしらで、キャリアの嚆矢となる公式戦での姿を示して欲しいですね。

契約更新選手のお知らせ

痛みや負傷を抱えながらも、最後まで戦ってくれた近藤選手も更新。

守備だけでなく、リーグ最終戦に見られたように、セットプレーでの存在感は相変わらずでした。

また、ボールを受ける際の、何気ない一歩で相手のプレスを躱し、パスコースを確保する姿が再び見られる事も嬉しいです。

周りの顔ぶれが入れ替わる中、主将としてチームを牽引する事はもちろん、不動のCBとしての存在感を示してくれる事を当然ながら期待します。

若狭大志選手の移籍について
若狭 大志選手移籍加入のお知らせ(東京Vさん公式)

「守備ならどこでも」という声掛けで加入した訳ですから、在籍2シーズンで32試合という出場が、移籍に至る全て。

2017シーズンの序列からすれば、体制継続が決まった時点で、身の振り方を考えざるを得ない状況であったと察します。

その状況も、好悪で決められたとは言い難く、特に、ファウルを取られるエリア、警告を受けるエリアへの課題は小さくなかったのではないかと思われます。

別の表現をするのであれば、JEF加入前の入れ替え戦での退場という印象を覆すことは、叶わなかったという事になるのでしょう。

他のDFのように発表が早くなかったこと、助っ人の退団が発表されたことで、継続があるのではないかと考えられていた向きがあったようですが、個人的には上記理由から、2018シーズンにその姿を見る事はまず無いと考えていましたし、「移籍先があって良かった」という感想です。

むしろ、ロティーナ監督の下で、どれだけ変わることが出来るのか、という点が楽しみな部分でもあります。

元気でね、若様。

北爪健吾選手の移籍について
北爪健吾選手ジェフユナイテッド千葉より 完全移籍加入のお知らせ(横浜FCさん公式)

鳴り物入りで加入した大学No.1サイドバックが3年を終えて移籍。

3年間で50試合に満たなかった出場からして、不完全燃焼の感が強いですね。

運動量に不満はありませんでしたが、やはり問題は最後の部分のクロスの精度でしょうか?

折角の攻め上がりも、画竜点睛を欠いては事足りず。その目を描き入れたならば、怖い相手選手としての対戦となるのでしょう。

頑張れ、健吾!

契約満了選手のお知らせ

シーズン途中の加入ながら、セーブやパントで優也選手との違いを示した一方で、連携や戦術への対応に苦しんだ印象は拭えず。

ポジションからすると、落第点とまでは言えませんが、助っ人というレベルで考えると第2GKでは及第点は出せず、というところでしょうか?

悲しいとか寂しいというよりも、お互いに前向きな別れであるように感じられるのは、私だけでしょうか?

「ピッチに守護神一人のみ」ですから、そのポテンシャルを活かせるチームがあることを願います。

Adiós! Ojeda!
関連記事
【PR】
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

↓ お付き合いありがとうございました。↓
にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
皆様の次回のお越しをお待ちしております。Pray for Japan!

コメント

ゲーム通販

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する